ハッキリ叱る

犬の叱る時に意識して欲しいのは、わかりやすくハッキリと叱ることです。

人も同じなのですが、ダラダラ説教をされてもイマイチ叱られている要点はどこなのか、理解するのに困ってしまいます。犬も同様なのです。声の抑揚も無く淡々と話していても、なかなか犬には伝わりません。そのため、声のトーンに意識しながら、身振り手振りも加えて大げさに伝えることが大切になってきます。

声のトーンに気をつけましょう

ただし、高いトーンで叱ってしまうと犬は興奮してしまい、しつけどころではなくなりますので、低いトーンで「いけない!」や「ダメ!」など、短いフレーズで伝えるといいでしょう。

叱る時に手を上げてはいけない

犬を叱る際に、手を上げて叩いて叱る方もいると思いますが、それは単なる体罰に過ぎません。叩いたとしても犬は萎縮するだけで、本質的に叱られている理由を理解することができません。最悪の場合、体罰に対して犬も報復(噛むなど)してくる可能性もありますので、叩くのはやめたほうがいいでしょう。

今叱る(後で叱らない)

後で叱るのもいけません。後で叱ったとしても、何に対して叱られているのか全く理解できないからです。そのため、叱る時はすぐその場のタイミングが重要になります。

繰り返し愛情を持って叱りましょう

意外と叱り方は難しいものです。飼い主にとってもいい気分ではありませんし、心労になるでしょう。何度も同じことを繰り返してしまうかもしれませんが、それでも愛情を持って繰り返し叱るようにしましょう。めげずに何度も愛犬に伝え続ければ、必ず理解してもらえるものです。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

体は小さいのに喧嘩好き?小型犬がよく吠えるのはどうして?

お散歩中に会った大型犬にも吠えたり喧嘩腰の勇ましい犬はいませんか?もちろん全部ではありませんが、気の強い小型…

ドッグフードの適切な保存方法は?お役立ちグッズもご紹介します

皆さん。余ったドッグフードはどうしてますか?適切な保存をすると、長持ちさせることができます。今回は犬を飼って…

猫のトイレを作っちゃおう!簡単にできるDIY猫トイレの作り方

猫のトイレってどれもこれも似たようなデザインでありきたり!インテリアにこだわるそんなあなたのために、DIYで…

関連するキーワード