犬と築く信頼関係の理想は、飼い主と犬が傷つけ合うこともなく、お互いに感情を持って寄り添っている関係です。ちょっとした動作でお互いを理解し合えるような、心を通じあわせた関係といってもいいでしょう。

信頼関係を築くにはスキンシップが重要

犬との信頼関係を深める方法に1番最適なのは、スキンシップをとることです。犬は本当に信頼している相手にしか身体を触らせません。そのため、小さいころから毎日スキンシップを繰り返していけば、必然と飼い主との間にも信頼関係が出来ていることでしょう。

犬の目をちゃんと見る

スキンシップを取る時に重要なのが、目を見ることです。目を見て意思を伝えることで、犬もその意思を汲み取ろうとしてくれます。そのため、スキンシップを取るときは、必ず犬の視界に自分が入るように接することが重要です。特にお腹や尻尾は犬にとってデリケートな部分ですので、なおさら気をつけましょう。

主従関係をはっきりさせる

ただスキンシップを取ればいいものではありません。犬はマウンティングによって、自身と周りの主従関係を構築します。そのため、飼い主がと犬の間に、はっきりとした主従関係を作ることが、最良の信頼関係になるのです。

もしも信頼関係がうまく作れていないと感じている人は、これを機会に「待て」や「おすわり」などの基本動作のしつけが出来ているか再確認してみてください。まずはしつけによって主従関係をはっきりさせながら、スキンシップをとって信頼を再構築していきましょう。

まとめ

信頼関係を築くことで、飼い主も犬も快適な共同生活を送れるようになります。主従関係はありますが、犬と飼い主は対等な存在です。信頼関係は1日やそこらで出来るものではありませんので、無理せず焦らず、じっくり築いていきましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

これが犬?犬の鳴き声に聞こえないオモシロ動画まとめ

これが犬?犬の鳴き声に聞こえない動画についてまとめました。今回はワンちゃんのオモシロイ鳴き声の動画をピックア…

一緒にいると寂しくない!?高齢者が犬を飼うメリットとデメリット

高齢者が犬を飼う時のメリットは大きく、定年後の生活に彩りを与えてくれることでしょう。しかし、年齢も重ねると飼…

犬も食事を楽しんでいる!?犬のごはんを手づくりにするメリット・デメリット

犬のごはんを手作りにするメリットとデメリットをまとめてみました。栄養バランスと衛生上の問題の大きく二つの注意…

関連するキーワード