愛犬が気分屋で困ってる!言うことを聞いてくれない!と嘆いてる人をよく目にします。それは、愛犬が飼い主のことを「リーダー」として認めていないことが原因です。

犬にとってのリーダーとは

犬はリーダーとして認めた人のことを慕い、その人の言うことにはきちんと従います。手なずけることとは全く違います。強くて自分を守って愛してくれる、信頼できる人。それが犬にとってのリーダーです。

食事にも優位性の差をつける

まず、リーダーと認めさせるためには、可愛さゆえに甘やかしてしまうことをやめましょう。食事とおやつの時間、散歩の時間、寝る時間、すべて飼い主が決めるのです。

食事の時に気をつけて欲しいのが、えさを与える時の順番です。飼い主である家族が食事をした後に、犬に食事を与えるのです。おやつを欲しがっても、すぐにあげるのはやめてください。自分が欲しいときに貰える癖がついてしまうと、無駄吠えや粗相に繋がってしまいます。

このように物事の優先順位を示させることが大事なのです。

服従のポーズをさせる

愛犬と遊ぶ時間は、無理やりにでもいいので仰向けにさせます。それを「服従のポーズ」と言います。犬がお腹を見せるのは、信頼している人にだけなので、その体勢にすることによって誰がリーダーなのかを覚えさせるのです。多少のじたばたならば、力で抑えつけ、強さを見せてあげるのも重要です。

さいごに

説明書きとして言葉にすると乱暴に見えるかもしれませんが、主従関係を作る上では大事なことです。また、どういう言動をとるにしても、愛情はたっぷり込めて対応してあげましょう。

こうして主従関係が明確になってくると、犬はあなたの言うことを聞くようになり、リーダーとして認めてくれます。リーダーとして認めてもらうまでは、あきらめずに、根気よく続けてあげてください。認められる日はすぐそこです。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

ペットシーツの選び方

愛犬が排泄をする時、必要となってくるペットシーツ。お店に行くと種類が豊富で迷ってしまう人も多いはず。今回はさ…

盲導犬としても活躍!ラブラドール・レトリバーのしつけ方

ラブラドール・レトリバーはおとなしく、賢く、好奇心旺盛で、非常に親しみやすい犬種です。そんなラブラドール・レ…

初めてドッグフードを買う時の選び方

初めてドッグフードを買う時の選び方についてまとめました。愛犬の為に栄養のあるバランスを考えた食事をこの気に検…

関連するキーワード