傍にいてくれるだけで癒しになる愛犬の存在。触れるだけで幸せホルモンであるオキシトシンが分泌され癒されるとも言われています。では、飼い主は犬に対して何ができているのでしょうか。本当の犬の幸せとは何か、真剣に考えてみましょう。

飼う前に家族全員が迎え入れる準備をしよう

ご家族全員が犬を家族の一員として迎え入れることに賛成かどうかを確認しましょう。動物であるとはいえ、犬にも感情があります。家族の中の誰かが犬が苦手であったり動物に対するアレルギーがあったりすると、なかなか打ち解けることが難しくなってしまいます。

「家族の誰かが嫌いでも、私が愛しているから」と思うかもしれません。しかし、家族の全員と多かれ少なかれ関わっていきます。全員が全面的に受け入れることに賛成であることが犬の幸せにとって大きなバロメーターになります。

限られた時間の中でどれだけ同じ時を過ごせるか

いつも犬に寄りそってあげることができるかどうかも大切です。犬の寿命は10年から20年です。飼い主の健康状態や年齢が犬の最期をみとるのに十分かどうか、介護や病気になったとしてもしっかり通院や世話ができるかどうかをよく考えてみましょう。

犬の健康状態をキープするために、20年間毎日どんな日であっても一緒に散歩ができるかどうかも大切な確認ポイントです。

犬を飼うにあたって、金銭面や場所の問題をクリアできるかも確かに大切なポイントです。しかし、人と同じく命を持つものを家族として迎えるにあたっては自分の責任を犬の最期まで全うできるかどうか、他の家族がそれをサポートしてくれるかどうかがまずとても重要です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

全身麻酔をかけておこなわれる、犬の避妊手術のメリットとデメリットについて

雌犬は生理の煩わしさや子犬が増えるということから避妊手術を検討する方も多いと思います。避妊手術のメリットとデ…

いつかはくる愛犬の排泄介助、どうすればいいの?

犬の高齢化が進むと、愛犬の介護が必要になるときがくるかもしれません。そんな時に備え、役立つ老犬の排泄介助の基…

雨の日も楽しい!ワンちゃんの可愛いレインコートコーデまとめ

愛犬とお揃いのレインコートをまとめてみました。人間が雨の時に傘をさす様に犬の健康を考えるとレインコートは必要…

関連するキーワード