新しく何かをはじめるときは、その物事のメリットしか見えていないものです。動物が好きだからお世話したい・子供の情操教育に良い・生きがいになる・番犬として防犯の役に立つ・寂しさが紛れる など飼い始める理由は様々ですが、そのメリットの反面に必ずデメリットがあることを覚えておいてください。

1.犬に時間をとられる

犬と生活をはじめると、食事やトイレの掃除、散歩が日課になります。外でしか排泄ができない犬種の場合は雨でも雪でも外に連れ出してあげなくてはなりません。

一人暮らしが寂しくて犬を飼いはじめたものの、仕事やプライベートで帰りが遅くなる日々が続くようになると、愛情を感じられない犬はストレスから無駄吠えや部屋を散らかすなどの問題行動を起こすようになります。

そのため、飼い主は長時間家を空けることができなくなり、旅行も気軽に行けなくなります。「犬を飼い始めると恋人ができない」と事態に陥ってしまうかもしれません!良くも悪くも愛犬に時間を取られることで自由な時間はなくなっていくのです。

2.人間とは違うお世話の仕方

子供たちが独立して家の中が寂しくなったから、犬を飼ってお世話をしたい。と考える高齢者飼い主が増えています。それに伴いペットショップやブリーダーの数も増え、安価な犬も、高価で珍しい犬でも家に迎えることが簡単な時代になりました。しかし、金銭的にも肉体的にも大変なのはその後です。

犬が番犬としてだけの役割を担っていた時代は、人間のご飯の残り物などを与えられていましたが、それでは塩分過多になり、ネギ類が入っていると中毒を起こすこともあります。大切な家族の一員として迎えられる現在ではそんな危険を無くすため餌はドッグフードが主流になり、その種類も多く高価なものを求めるときりがありません。中型犬になると1日の食事量も200g程度食べるので、餌を与えるのでも一苦労です。

また、言葉が通じないのでトイレや吠え癖・咬み癖を無くすしつけも根気よく教えていかなければなりません。犬の飼育には人間の子供を育てることとはまた違う大変さがあるます。

3.予防接種などの定期的な病院通い

犬は、年に2回受けなければならない予防接種があります。

一つは「狂犬病」で、接種が義務化されているので必須です。自治体により金額は異なりますが約3000円掛かります。

もう一つは「混合ワクチン」です。任意ですが、感染症を予防するために接種しなくてはならず、受けていなければドッグランに入場できなかったり、ペットホテルで預かってもらえないなどの弊害が発生します。料金はワクチンの混合数により決まりますが、1回5000円~9000円程度です。

また、5月~11月の蚊が発生する時期はフィラリアの予防が重要になります。これも任意ですが、散歩中に犬がフィラリアという蚊が媒介する寄生虫に感染すると、心臓や大動脈を破り命を落とすことになりかねません。そのため、夏から秋にかけては毎月2000円程度の予防薬を飲ませなければならないのですりません。

4.ペットロスはいつか来る!?

犬の寿命は約13年と言われています。愛犬との別れは、犬を飼うことで一番大きなデメリットです。
犬の年齢は人の約7倍です。可愛くて元気に走り回っていた愛犬が、みるみる年を取っていくのを見届けるのは時に悲しい気持ちになります。そして亡くなったときに受ける衝撃で、「こんな思いをするなら飼わなければよかった」と後悔することもあるでしょう。

これらデメリットを踏めた上で、それでも犬を飼うことによるメリットの方が多ければ、飼育に向いていると思います。命の世話をするという責任と覚悟を持って、愛犬との素晴らしい思い出を残していってください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

7歳過ぎたらそろそろシニア世代!知っておきたい高齢猫の飼い方・付き合い方

元気で活発な子でも白髪が目立つ?!7歳を過ぎたら猫もまもなくシニア世代に突入します。年を重ねた猫との生活で注…

盲導犬としても活躍!ラブラドール・レトリバーのしつけ方

ラブラドール・レトリバーはおとなしく、賢く、好奇心旺盛で、非常に親しみやすい犬種です。そんなラブラドール・レ…

猫のトイレ選びに見るべきポイントとおすすめのトイレ3選

猫のトイレ選びに見るべきポイントと商品のご紹介をします。愛猫の性格や飼い主の利便性、そしてコストを考慮し、最…

関連するキーワード