ラブラドール・レトリバーは、警察犬や盲導犬として活躍している犬種です。賢く、優しく、飼い主に従順な性格が特徴です。トイレトレーニングや散歩トレーニングにおけるしつけも、他の犬種と比較してもスムーズに進むことでしょう。

作業意欲の高いラブラドール・レトリバー

ラブラドール・レトリバーは作業意欲の強い犬種なので、しつけ内容の理解や飲み込みが早いです。ただし、飲み込みが早いが故に、悪行も覚えてしまいやすいので気を付けましょう。「ダメなものはダメ」とわかりやすく叱ることが重要です。
とはいえ、ラブラドール・レトリバーは主従関係も作りやすい犬種なので、しつけの基本を忘れずに、信頼関係を築いてください。

十分な運動時間を与えよう

ラブラドール・レトリバーは運動が大好きな犬種です。そのため、十分な運動時間を与えてあげないとストレスになってしまい、病気を引き起こす可能性も大きくなります。
ラブラドール・レトリバーの飼い主になるなら、日頃から一緒に体を動かす覚悟もしておきましょう。

本来は猟犬であることを理解しておこう

ラブラドール・レトリバーは、その名の通り「レトリバー = 獲物を回収する猟犬」でした。口に咥えたモノ(獲物)を牙で傷つけることなく、飼い主のもとに持ち帰ってくる習性があります。そのため、家にあるものを手当たり次第に咥えてしまうこともあるでしょう。
あくまでも彼らにとってモノを咥えることは本能ですので、しつけをする上では「咥える」ことそのものを否定するのではなく、咥えても「OKなモノ」と「NGなモノ」を区別させるようなトレーニングを心がけましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

ペティオ トイレのしつけができる ドッグルームサークル 2Way 【小型犬用・中型犬…

わんちゃんのおトイレのしつけにぴったりなドックルームサークル。場所に合わせて形を替えられるので、どんなお部屋…

関連する読みモノ

飼い主のベッドで犬と一緒に眠るメリット、デメリットについて

犬の飼い方には飼い主によってもかなり意見の分かれます。犬と同じベッドで寝ることは問題と考える人と可愛いという…

憧れの”大型犬”...大型犬の種類や性格が知りたい!

大型犬を検討中の方、また既に飼っているけれどわからないことがあるという方にぜひ読んでいただきたい!大型犬の種…

決まった場所で爪をとぐ!?どこでも爪とぎしてしまう猫をうまくしつける4つのルール!

猫の爪とぎ場所は、人間にとっても猫にとっても重要な問題。猫に「必ずここでしてね」としつける方法とは?

関連するキーワード