昔は家を守る番犬としての活躍がメインだった犬も、最近では家族の一員として寝食を共にするようになり、共同住宅でも犬の大きさに関係なくペット飼育可能な場所が増え、いまやペットと暮らすことが当たり前の時代です。それにより海外からの輸入で犬種も増え、自分のライフスタイルや好みに合った犬を選ぶことができるようになりました。

お留守番上手で愛らしい「チワワ」

賢く、飼い主に従順で可愛らしい姿なので誰からも愛される犬種です。猫のようにマイペースな性格なので、お留守番も得意です。日頃の運動量は室内を走り回る程度でも十分ですが、たまに大きな公園で走り回らせてあげてください。

チワワは好奇心旺盛で勇敢な性格の持ち主で、自分より大きな犬にも咬みついたり立ち向かっていく本能があります。外での散歩の際には問題行動を起こさないよう、しつけをしっかり行っておいてください。

気品が高く勇敢「ポメラニアン」

利口で従順、気品が有り勇敢で、イギリスのビクトリア女王にも愛された犬種です。よく走り回る性格の犬種ではないので、長い時間のお散歩は必要ありません。ゴージャスな見た目に反し、骨が細く華奢な体格なので無理な運動での骨折などに注意してください。

また、トイレトレーニングが苦手であったり、無駄吠え・甘咬みをよくする犬種なので、室内でお留守番をさせる前にはよくしつけを行ってください。

温厚で甘えん坊「フレンチ・ブルドック」

眼差しの暖かさから人気の高い犬種で、性格も温厚で甘えん坊です。遊び好きですが無駄吠えも無く、散歩も少なめで大丈夫です。

体温調節が苦手で、暑さに弱いので温度管理には気を付けてください。難点を言えば、鼻の骨格が原因でいびきやよだれが多いことです。

抜け毛も少なくかわいい!「トイ・プードル」

日本では一番飼われている犬種です。毛色も毛質もさまざまで、トリミングによって個性を出すことができます。犬独特のにおいも少なく、抜け毛も少ないですが、カールになった毛は絡まりやすく伸びやすいのでトリミングに連れていくことが必要になります。

貴族に愛される蝶「パピヨン」

フランス語で「蝶」を意味するパピヨンは、蝶の羽のような大きな耳が特徴の犬種です。貴族に愛された犬なので、明るく元気な自由奔放な反面、プライドが高く独占欲が強いのでしつけの際に主従関係を明確にしておいてください。

毛は長いですが抜けにくく、絡まることも少ないので手入れが簡単です。においも少なく、頻繁にトリミングに行く必要もありません。

静かで優しい「イタリアン・グレーハウンド」

小鹿のような外見と、コミカルな動きが特徴の犬種です。優しくて甘えん坊で少し臆病な性格のため、家庭内で安心できる場所を作ってあげることが必要です。毛は短いので抜け毛もにおいも少なくお手入れが簡単です。威勢の良い性質ではないので無駄吠えをすることもありません。

理解力が高く順応性も◎「シー・ズー」

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

どんなしつけ方がいいの?アメリカンショートヘアーの特徴としつけ方

猫一番人気ともいっても過言ではない、アメリカンショートヘアーです。その特徴としつけを簡単に解説します。愛くる…

猫砂の人気商品5選

ペットのまわりを清潔に保つために必要な猫砂。今回は猫を飼っている初心者さんに向け、人気の商品を5つ、お伝えし…

トイレの直後に大暴れ?猫のトイレハイと言われる行動を解き明かす4つの仮説とは

いっしょに暮す猫ちゃんの不思議な行動トイレハイですが、理由を聞くと納得できると思います。稀に、肛門付近が腫れ…

関連するキーワード