愛犬を家に迎えることは、飼い主やその家族にとってとてもうれしくて楽しみなものですね。犬との生活がスタートするにあたって、様々な費用が必要であることも気になるところです。今回は、犬を飼い始める時、飼い始めてから毎年、そして臨時で必要になる費用について紹介していきます。

犬を飼い始めるときに必要な費用

犬を飼い始めるときには子犬を購入する場合の費用や生活に必要なペット用品代がまず思い浮かぶと思いますが、それ以外にも様々な費用が必要になります

畜犬登録費用と狂犬病予防注射の費用

まずは、畜犬登録費用。これは生後90日以上の犬を飼う人に義務付けられており、3,000円程度になります。(地域によって異なる)犬が生後90日を過ぎたら狂犬病の予防注射を受けて、その証明書を持って地域の保健所か役所に30日以内に申請にいかなければなりません。この狂犬病予防注射は狂犬病予防法によって1年に1回受けることが義務付けられています。こちらは1回3,500円です。

健康診断とワクチン接種

健康診断では体重・体温・便・血液・尿・エックス線・心電図などの検査を受けることになります。一般的なもので3,000円程度です。一部の検査は追加費用が必要となりますので事前に確認するとよいでしょう。

さらに、混合ワクチンの接種が必要になります。これは離乳期に低下する免疫力をあらかじめ高めて犬がかかりやすい病気にかかりにくくするためです。ジステンパー、パルボウイルス、レプトスピラ、伝染性肝炎、パラインフルエンザ、アデノウイルスⅠ型、アデノウイルスⅡ型などの伝染病に対応しています。料金は5~6種混合ワクチンが5,000円から7,500円、8~10種が5,000~10,000円程度で、近くの動物病院で接種可能です。

飼い始めてから毎年かかる費用

愛犬との生活が始まってからもえさやおもちゃなどの毎日の生活に必要な費用と、医療費がコンスタントに必要になってきます。生活に必要な費用も医療費も大型犬の方が多くなります。

日々の消耗品

まず、毎日の生活に必要な食事・おやつ・ペットシーツ・おもちゃ・その他の消耗品に費用がかかります。あくまでも目安ですが、小型犬で年間9万円~10万円程度、大型犬で年間16万円程度かかるといわれています。大型犬はやはり食べる量がとても多いため、その分費用がかかります。

毎年かかる医療費

医療費は大きく分けて予防接種と予防薬、健康診断の費用に分かれます。合計で小型犬は4万円程度、大型犬はそれより少し多いぐらいだといわれています。
予防接種は、狂犬病、混合ワクチンを年に1回受けなければなりません。予防薬は、フィラリアとノミダニ対策で飲ませる必要があります。
フィラリア症を予防するためにフィラリアを媒介する蚊の繁殖がはじまる5月から12月の期間中に薬を飲ませるか注射を打ってもらいます。毎月1回薬を飲ませることが多いようです。
ノミやダニは環境が良い犬の毛によく住み着きやすいです。犬にノミやダニが住み着くと飼い主の家やベッドなどにも住み着くので飼い主の居住空間を衛生的に守るためにとても重要です。犬の首に薬剤をたらしたり、部屋の中に防虫剤を塗ったり、防虫効果のある首輪をつけたりします。

臨時で必要な費用

上記の費用の他にも臨時で必要になる費用があります。至急必要な経費はあまりありませんが、飼い主としては何かあった時にすぐに対応ができるようある程度の経済的余裕をもっている方が良いかもしれません。

トリミングの費用

トリミング費用です。トリミングとは犬の毛を整えてもらうことで、犬種によっては必要ないかもしれません。ヨークシャーテリアやマルチーズ、ロングヘアのダックスフントなどは定期的に整える必要があります。飼い主が自分でカットすることももちろん可能ですが、プロに任せると失敗がありません。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

シニアを迎えた愛犬と寿命まで幸せな時間を過ごしたい!病気のケア以外に飼い主ができるこ…

犬の寿命は全体的に延びていると言われています。しかし大きな病気などない場合でも、犬の老いは突然やってきます。…

愛犬は何を考えている?家族みんなが幸せになることを真剣に考えよう!

これから家族として、共に生活していく犬の幸せを真剣に考えることについてまとめました。

理由なくただ褒めるのはNG?正しい犬のほめ方とは

犬のしつけにはアメとムチが大切です。ここでは正しいほめ方について説明します。

関連するキーワード