かわいい犬を家族の一員として迎えるときに、まず決めたいのが名前。でもどんな名前をつければいいのかわからないし、いろんな名前があって迷ってしまう…。そんなときに役立つポイントを4つご紹介します。

愛犬の育ってほしい姿からイメージをする

犬の名前を決めるときに役立つイメージのひとつとして、愛犬にこんな風に育ってほしいという姿から連想させるのも一つです。

オスであれば、力強さや活発さ、軽快さや誠実さなどの言葉のイメージから「ラッキー」や「マックス」という名前、人気アニメのキャラクターのような勇ましさをもってほしいということから「ケンシロウ」や「ルフィ」、好きな映画の主人公などから「ルーク」や「レオン」、「ロッキー」といったような名前が挙げられます。

メスであれば、かわいらしさやチャーミングさ、エレガントさを重視するのはいかがでしょうか?「マリン」や「チェリー」、「アンジュ」などの華やかな名前や、「ちこ」「めい」「モモ」といったかわいらしい名前が挙げられます。また、かわいらしいことから派生して食べ物の名前をつける方もいらっしゃるようです。「プリン」や「マフィン」などがそうです。ただ注意点として、食べ物の名前をつけたいときには、よく食べるものは避けた方がよさそうです。家族の会話の中に登場する回数が多くて愛犬自身が自分のことを話しているのか食べ物について話しているのか判断ができなくなってしまうかもしれないからです。

季節や生まれ月にちなんだ名前

日本には四季があるので、愛犬を迎えた季節や誕生した季節にちなんだ名前をつけるのも素敵ですね。春なら「さくら」や「わかば」、「チェリー」、夏なら「うみ」「なつ」などです。秋なら「もみじ」や「かえで」、「のん(Novemberにちなんで)」、冬は「もっち(餅)」や「ゆき(雪)」もいいかもしれません。

飼い主自身が愛犬と出会ったころのことを思い出すことができますし、愛犬の誕生月を忘れることも少ないでしょう。そして、周りの人に愛犬の名前を覚えてもらいやすく、親しみをもって接してもらうのにも役立ちそうですね。

愛犬の色にちなんだ名前

愛犬の毛の色にちなんだ名前をつけることは昔からとてもポピュラーですね。白い犬に「シロ」、黒い犬に「クロ」といった感じです。ブラウン系の毛色なら、ココア、コーヒー、キャラメル、ブラウニー、レモン、シトロンなどがあります。ただ単に色そのものを名前にするところから現在では他の言語で毛色を名前にしたり、食べ物を名前にしてみたりすることもありますね。

日本語で言うととても名前にはできない言葉でも外国語で言ってみるととてもおしゃれな響きの言葉だったりするので、調べてみるのもいいかもしれません。

愛情を込めて名前をつけましょう

家庭に迎える犬は、これからあなたの家族の一員として仲間入りします。名前は飼い主から愛犬への初めてのプレゼントといっても過言ではありません。ぜひ愛情を込めた素敵な名前をつけましょう。

犬の名前には法的なルールはもちろん存在しません。最近よく言われるキラキラネームも、飼い主さんが愛犬にぴったりだと思うのであれば何も問題ないと思います。ただ愛犬に対して、または周囲の人に対する誹謗中傷になるような名前はやめましょう。呼ばれて周りの人が良い気分でいられないような名前は避けなくてはなりません。よく犬を観察して毎日呼びたい名前を考えてみてください。

いかがでしたか?かわいい愛犬への素敵な名前は浮かんできましたか?ぜひ、これらのポイントを踏まえながら良い名前を考えてみてください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

たんぱく質?炭水化物?本当に猫が必要としているキャットフードの選び方

縁あって家族の一員となった猫。いつまでも元気で長生きしてほしいのは、すべての飼い主の願いでしょう。 そこで重…

柴犬まるって知ってる?めちゃくちゃかわいい写真を7枚厳選!

柴犬まるって知ってる?めちゃくちゃかわいい写真を7枚厳選をご紹介します。柴犬の笑顔はこちらも癒されますよね。

ぽっちゃりにゃんこの肥満対策に…。おすすめキャットフード3選

愛猫が太ってきたら、肥満対策を食べ物から始めてみませんか?ちょっとぽっちゃりな猫ちゃんにおすすめなキャットフ…

関連するキーワード