猫を家族の一員として迎えることは、飼い主にとってはとてもうれしいイベントの1つです。同時に、猫との生活がスタートするにあたっては様々な費用が必要になりますので、気になることも多いでしょう。
ここでは、「飼い始めにかかる費用」「毎年かかる費用」「臨時で必要になる費用」について紹介していきます。

「猫の飼い始めにかかる費用」

猫の飼い始めにかかる費用でまず思い浮かぶのが、身の回りの世話に必要なもの全般です。猫の購入費用もありますが、ケージ、餌代、トイレシーツなど一式揃えなければいけません。それ以外にも、健康診断や混合ワクチンの接種が必要となります。

健康診断やワクチン接種にかかる費用を確認しておこう

猫の購入費用の他に、健康診断やワクチン費に約2万円弱かかります。

健康診断は、5歳未満で健康状態が良好であれば年に1回、5歳を超えると年に2回受けることが目安とされています。健康診断の費用は居住地域や病院、オプション検査によって大きく変動しますので、近くの病院や信頼出来る病院でかかる費用をあらかじめ確認しておきましょう。

その際、健康診断の費用を比較する際は検査項目に気をつけて下さい。基本的に体重測定・体温測定・便検査・血液検査・尿検査・エックス線・心電図があれば大丈夫だと思います。健康診断にかかる費用で安い・高いで決めてしまわないように、健康診断の検査項目を確認して決めてください。病院によって健康診断の内容が変わったり、それに応じで費用も異なったりしますので注意が必要です。

飼育に毎年かかる費用

年間でかかる費用は約15万円

猫を飼い始めると、様々な出費が発生します。
毎日の生活に必要な食費(ドライフードやウエットフード、おやつ)、猫砂、爪とぎなどなど、そのほとんどが消耗品です。ちなみに、猫の飼育には年間で約15万円弱、月額にして約1.3万円かかると言われていますので、あらかじめ年間予算として組んでおくといいでしょう。

ノミやダニの予防薬も

混合ワクチンの接種は、3種混合を年1回受けることが必要で費用は6,000円ぐらいかかります。また、ノミやダニ予防薬が室内の衛生状態を保つために必要になりますので年間10,000円ぐらいかかるでしょう。ノミやダニにとって猫の毛は快適な場所であるため、そのままにしておくとノミやダニが出した糞が原因でアレルギーになってしまうこともありますので、予防薬は必須と言えるでしょう。

定期的なトリミングも必要

トリミングは、猫の毛をカットして整えてあげることです。その料金はショップや地域によって異なりますが、およそ5,000円から10,000円ぐらいかかると思います。日ごろのブラッシングに加え、飼い主自身で行うことも可能ですが、毛が飛んだり、怪我をさせてしまったりする可能性がありますので、プロに任せたほうがいいでしょう。

臨時で必要になる費用

猫と共に暮らしていく中と、日々かかる費用の他に、臨時で必要な費用も発生するでしょう。飼い主として、万が一何かあったときのために、愛猫のための積立をしておくといいかもしれません。

事故に遭ったり、病気になったりしたときのために

飼い主としてはそんなことがあって欲しくはないのですが、万が一交通事故に遭ったり、体にしこりが見つかったり、怪我をしたときは大きな出費に繋がります。最近はペット保険の種類も増えてきましたが、動物病院の診療費というのは想像以上に高額です。飼い主としては、急を要する状況にも迅速に対応できるように、経済的にもある程度の余裕をもって過ごしたいものです。もし不安な人は、事前にペット保険への加入をおすすめします。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

小型犬や猫にも!レギュラーサイズのペットシーツが人気の理由とは?

ペットも人間も寝心地はシーツの素材などにあると思います。 シーツの素材からサイズまで、きめ細かく解説しますね…

どんなのを受けたらいいの?犬の健康診断

愛犬の健康状態は気になるけど、どのタイミングで、何をお願いしたらいいの?そんな犬の健康診断のお悩み、解決しま…

犬のホテルのときに持って行ってあげたい5つのもの

旅行や帰省、引越しなどで犬をホテルに預ける機会もあルと思います。ホテルに連れて行くときに、一緒に持っていくも…

関連するキーワード