家に愛犬を迎え、飼い主が初めて教えるしつけは「トイレトレーニング」です。ですが、トイレを覚えるということが得意な犬と、苦手な犬がいます。トレーニングの方法も1つではないので、愛犬に合うやり方を見つけてあげてください。

ルール1:タイミングを逃さない

「トイレトレーニング」は、排泄のタイミングで犬をトイレシートの上に連れていくことが基本です。始終、犬の動きを見張っている必要はありません。

子犬の排泄の間隔は約1時間程度で、寝起き・散歩後・水を飲んだ後が、トイレのタイミングになるので覚えておきましょう。排泄直前になると、そわそわして床をくんくん嗅いだり、同じ場所をくるくる回ったりとわかり易い行動パターンがあります。そのような行為を見たら、トイレまで抱っこして連れて行き、排泄する場所を覚えさせましょう。
抱っこせずとも、おやつやおもしゃを使って、トイレまで誘導させるのも1つの方法です。ただし、おやつをあげすぎると、おやつがなくてはトイレに移動しないことにつながる可能性もありますので注意してください。

ルール2:失敗しても叱らない

トイレではない場所で排泄してしまっても、大声で叱ってはいけません。なぜなら強く叱ってしまうと、「排泄そのものがしてはいけない行為」だと勘違いし、部屋の隅や机の下でコッソリ用を足したり、便を食べて証拠隠滅したり(食糞の癖)と、マイナス面の影響が大きくなってしまいます。
また、犬によっては「大声=飼い主が喜んでいる」と勘違いしてしまい、飼い主を喜ばせるためにあえて排泄をするようになるケースもあるようです。排泄の場所が誤っていたとしても、過ぎてしまったことと叱られていることがうまくリンクできないと、犬は理解できません。
そのため、飼い主ができることは、排泄のタイミングを見計らい、犬をトイレシートまで誘導する。この動作を犬が覚えるまでひたすら繰り返すことしかないのです。我慢強く、続けましょう。

ルール3:成功したら大げさに褒める

「成功したら褒める」、これは犬のしつけ全般に置いて言える大事な原則です。言葉やちょっとした素振りだけでは、犬が理解できないことがありますので、大袈裟に、オーバーリアクションで褒めてあげましょう。
その際、排泄が終わる(成功する)までぐっと堪えてください。排泄が無事に終わってからのタイミングに、褒めてあげるようにしましょう。

しつけの時間が取れないときは、犬がペットシーツ敷き詰めてみよう

「トイレトレーニング」をしているなかで、なかなか犬をトイレに連れていくタイミングをとれない人、家を留守にすることが多い人は、ケージ内やサークル内にペットシーツを何枚か敷きつめておいてみましょう。ペットシーツの上で何回か排泄する内に、それが習慣となり、いつの間にかペットシーツのある上で排泄が行えるようになります。

クレートトレーニングも1つの解決策

もう1つ「トイレトレーニング」に有効な方法として、「クレートトレーニング」というものがあります。クレートはケージ、つまり檻を指します。ケージの中に閉じ込めるのは可哀想と思う人もいるかもしれませんが、犬からしたら外敵から襲われることがないセーフティーゾーンとしての役割もあります。その安心できる場所を覚えさえることで、無防備になる排泄時間をケージ内で行うようになるというものです。さきほどのトイレシーツの敷き詰めと早めに取り組めば、効果抜群でしょう。

トイレできちんと排泄できないと、掃除が大変になるのは飼い主さんです。「トイレトレーニング」の効果は、家の中だけではなく、散歩時にも活躍します。しっかりしつけをして、お互いにハッピーな関係を築けるようにしましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

選べる3サイズ! 安心日本製の炭入り消臭ペットシーツ

国産、厚型の炭入り消臭ペットシーツです。サイズはレギュラー、ワイド、スーパーワイドの3種類からお選びいただけ…

これで安心!花王 ニャンとも 清潔トイレ 脱臭・抗菌マット 6枚入

サッと吸収してくれるので脱臭・抗菌効果が抜群です!針葉樹の木材が主成分だから環境と愛猫にも優しい!

関連する読みモノ

実は内気で消極的?イタリアングレーハウンドのしつけ方

しなやかな容姿ですばしっこいイメージのイタリアングレーハウンド。温和な性格ですが内気な面もあります。今回はそ…

ペットシーツの選び方 猫砂編

様々な種類のものが売られている「猫砂」。素材別に大きく5種類に分け、それぞれの特徴について解説します。また猫…

狙った獲物ははずさない!ソフトクリームから目を離さない犬の執着と目線に注目!

子供は犬もアイスも好きだった。犬はアイスしか見ていなかった。そして事件は起きてしまいました。男の子にとっては…

関連するキーワード