あなたの家に犬を新しい家族を迎えようと決めたとき、嬉しさと同時に若干の不安も抱えるのではないでしょうか。なぜなら、犬を飼うということは命と向き合うことにもなりますし、生半可な覚悟で飼うことはできないからです。「自分や家族がしっかり世話をできるのか」「犬とコミュニケーションが取って、他人に迷惑をかけないように出来るか」「自分の健康上の不安とうまく付き合えるのか」など、様々な不安が渦巻くことでしょう。そこで、初めて犬を飼おうとしている人に、飼いやすい犬の特徴と代表的な犬種を紹介したいと思います。

犬と共に送る生活について考えましょう

「飼いやすい犬」を見つけたり、考えたりする前に、「なぜ犬を飼いたいのか」をよく考えてみましょう。子どもが飼いたいと言い出したから、あなたが毎日の生活に癒しがほしいから、など理由やその背景は十人十色だとは思いますが、どんなきっかけにせよ、犬を飼うということは重大な決断です。考えなければいけないこともたくさんあります。自分の時間を削らなければいけない時も多々あります。それでも。犬を飼いたいという覚悟をしっかり決めておく必要があるでしょう。

覚悟を決めたら、次に読み進んでください。3つの切り口から、飼い易い犬の特徴をまとめています。

無駄吠えが少ない犬種

吠えることは犬にとって自然な行為なのですが、ご近所付き合いなどを考えると吠えない犬のほうが買い易いと思われるでしょう。実際に、あまり吠えない犬種はいます。また、同じ犬種同士でもよくおしゃべりする犬もいれば、とてもおとなしい静かな犬もいます。

一般的に無駄吠えが少ない犬種として挙げられるのが、下記になります。
「シベリアン・ハスキー」
「ゴールデン・レトリーバー」
「ミニチュア・シュナウザー」
「ブラッドハウンド」
「フレンチ・ブルドッグ」
「マスティフ」
「バセンジー」
なかでも、特に無駄吠えが少ないとして有名なのが「バセンジー」です。
「フレンチ・ブルドッグ」や「ミニチュア・シュナウザー」は室内でも飼えますが、他の犬種は中型〜大型犬なので、玄関先で飼う人が多いようです。
無駄吠えはしつけによってある程度は抑えることが出来ますが、犬種や犬の性格にもよるところがありますので、個体差があることを念頭に置いておきましょう。

抜け毛が少ない犬種

室内で飼おうと考えている人にとって気になるのが抜け毛です。犬は季節によって毛が生え換わりもあり、また犬種によっては普段から抜け毛が多い犬も存在します。犬種によって毛質や長さが異なりますので、各犬種の毛質については理解しておいたほうがいいでしょう。

比較的抜け毛が少ないといわれている犬種には、
「ケリー・ブルー・テリア」
「アイリッシュ・ウォーター・スパニエル」
「ビション・フリーゼ」
「シーズー」
「ヨークシャー・テリア」
「マルチーズ」
「シュナウザー・プードル」
「トイ・プードル」
があります。なかでもプードルは抜け毛が少なく、また賢い犬として人気の犬種です。

においが少ない犬種

犬は汗をかかないため、体臭の主な原因は皮脂です。日ごろ十分にケアをしてあげることで、汚れや皮脂によって生じる臭いは予防することが可能です。定期的にシャンプーもしてあげましょう。

あえて体臭が少ない犬種と言われているものには、
「トイ・プードル」
「フレンチ・ブルドッグ」
「パピヨン」
「ミニチュア・シュナウザー」
「ボーダー・コリー」
「イタリアン・グレーハウンド」
があります。

犬を飼うことは、ヒトの赤ちゃんが生まれてくるときと同じように責任が伴います。飼い主の状況に合っているという意味での「飼いやすい犬」が選べるといいですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

これは本気噛み?猫の甘噛みを矯正したい時に役立つポイント

これは本気噛み?猫の甘噛みを矯正したい時に役立つポイントについてまとめました。子猫の時にしっかりとコミュニケ…

心構えもしっかりと!犬を飼う時に覚えておきたい4つのデメリットについて

興味本位で犬を飼って、そのあとに後悔しているという方も少なくないかもしれません。犬を飼うことで得られるメリッ…

寂しいから?いやがらせ?犬が粗相をする理由とは

普段はトイレでおしっこすることができる犬が、突然粗相をしてしまうことがあります。その原因は、精神的なものと環…

関連するキーワード