トイレトレーニングは根気のいるしつけです。しつけの覚えが早い犬種と、そうでない犬種がいるので、愛犬の性格に合わせてどんなしつけ方法が良いか見極めることも大切ですが、トイレをスムーズに覚えるコツがあるので、まずは試してみてください。

しっかりとしたトイレの場所を決める

犬のトイレシートを敷く場所は、どこでも良いわけではありません。犬は綺麗好きで、縄張りを作ることを好む動物なので、排泄は寝る場所や食事の場所からは離れたところでします。そのため、サークル内に食事スペースと排泄スペースを両方置く際は、なるべく対角の位置にし、しきりを作るなどして区別してください。

しっかり伝える!トイレに行くのは自分の足で

犬の便意のサインは読み取ることができます。

・そわそわして落ち着かない
・後ろ足がぎこちなく動く
・お尻のにおいを嗅ぐ
・床のにおいを嗅ぐ

上記のような行為は、トイレを探しているサインです。このような行動を見かけて、慌てて飼い主が抱き上げてトイレに連れて行こうとすると、犬はビックリして排泄を中断して我慢することがあるので、トイレのサインを見かけたら、そっとお尻を押してトイレまで導いてあげるなどの配慮も必要です。
何度かトイレシートで排泄ができたら、便意のサインが見られたときに「トイレ」と指示をすると自分からトイレシートに移動できるようになります。

排泄は指示語でコントロール

トイレが成功したら、「いいこ、いいこ」などの褒め言葉をかけ、体を撫でながら愛犬の大好きなご褒美をあげてください。すると、「この場所(このシートの上)でおしっこをするといいことがある」と覚え、積極的にトイレに向かうようになります。

室内犬ですと、排泄の後にお尻を拭くこともあると思いますが、その前にまずご褒美をあげてください。部屋に設置したトイレで排泄できた後に、すぐ犬をケージに入れてしまうのも良くありません。今まで広い部屋で自由に遊んでいたのに、トイレをしたら狭い場所に閉じ込められるんだと不快に感じてしまい、排泄を拒んだり、隠れてするようになってしまいます。

また、同じご褒美に飽きてしまったり、飼い主の気を引こうと違う場所で粗相してしまうような場合は、たまにご褒美のグレードを上げてみると、トイレ内でおしっこをしようというヤル気が戻ることもあります。

間に合わない時、失敗した時も責めないで

トイレではない場所で排泄しているのを見つけてしまったとき、大きな声や高い声で注意したり、慌てて抱きかかえてトイレまで移動させるといった行動は、犬にとっては排泄を邪魔されている、もしくは、飼い主が喜んでくれていると勘違いし、今度はまた違う場所でおしっこしてみようと思わせてしまいます。
また、トイレが失敗したときは、粗相の処理を犬に見せないでください。この行為も、「粗相をすると飼い主が急いで来て、構ってくれる」と勘違いしてしまうのです。
そのため、トイレを失敗したら声をかけず、そっと犬を抱き上げサークルなどに入れて見えない位置に隔離します。それから汚れた場所をにおいも残らないように片づけて、犬を部屋に戻します。これらを何度か繰り返すと、自然にトイレシートで排泄することができるようになります。

いかがでしたか?
愛犬のトイレのしつけは、飼い主にとっても、犬にとってもすごく重要なことです。最初は根気がいるかもしれませんが、めげずにしっかりしつけて、愛犬との生活を快適なものにしましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

これで安心!花王 ニャンとも 清潔トイレ 脱臭・抗菌マット 6枚入

サッと吸収してくれるので脱臭・抗菌効果が抜群です!針葉樹の木材が主成分だから環境と愛猫にも優しい!

関連する読みモノ

アレルギー対策に。グレインフリーのドッグフード3選

小麦などの穀物不使用(グレインフリー)のドッグフードをご紹介します。アカナ、ロータス、ピナクルのドッグフード…

猫と遠出するなら!猫とおでかけするときに用意しておきたいグッズ7選

愛猫と旅行に行ったり少し遠出のお出かけの時にはいろいろなお助けグッズが必要になります。ネコ用ハーネスやキャリ…

必要なのはリーダーシップ!飼い主のふるまいについて

犬が求めているのはリーダーです。適切な主従関係になるためにも、飼い主に必要なのはリーダーシップなのです。

関連するキーワード