本日は少し思考を変えて、犬に英語でしつけを行う際に覚えておくべきフレーズをご紹介したいと思います。

「shake」(シェイク)

「お手」という意味です。犬をしつけるときには必ず必要になるフレーズですね。「hand」(ハンド)・「paw」(ポウ)という表現でも代用できます。「おかわり」は「Shake hand the other」(シェイク ハンド ジ アザー)と言います。

「sit」(シット)

「お座り」という意味です。これもしつけの基本動作の一つなので覚えてしまいましょう。「お座り」のあと、「伏せ」を命じたいときには「lie」(ライ)もしくは「down」(ダウン)を使います。

「stand」(スタンド)

「立て」という意味です。すでにお座りや伏せをしている犬を立ち上がらせたいときに使います。「stand up」(スタンド アップ)でも同じ意味になります。

「go」(ゴー)

「行け」という意味です。「go ahead」(ゴー アヘッド)でも同じ意味になります。逆に「来い」は「come」(カム)または「come here」(カム ヒア)となります。

「stop」(ストップ)

「止まれ」という意味です。「hold it」(ホールド イット)・「halt」(ハルト)という表現でもかまいません。

「wait」(ウエイト)

「待て」という意味です。「stay」(ステイ)という表現でもかまいませんが、「wait」は行動全般に使いますが、「stay」はその場で動くなという意味の違いがあります。

しつけのポイントごとに上記の英語を取り入れてあげてもいいかもしれませんね。ただし、日本語と混合させて愛犬が困らないように注意しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

犬の混合ワクチンに注意!予防接種の前にアナフィラキシーも知っておこう

犬を飼うときには混合ワクチン接種が必要です。愛犬を病気や不調から守ってくれる重要なものですが、アナフィラキシ…

賢いからしっかりしつければ問題なし!ロシアンブルーのしつけ方

ロシアンブルー猫の女王様と名付けられほどの美貌の猫です。上品な猫であるからこそ、しっかりとした躾をしたいもの…

犬を飼うということはどういうこと?真剣に考えて欲しい5つのこと

ペットを飼うことはとても身近なことになり、犬を飼いたいという方も少なくないでしょう。しかし、犬を飼うにはいろ…

関連するキーワード