犬もアレルギーを発症することがあることをご存じでしょうか?犬もヒトと同じように本来無害なものに対して、免疫機能が過敏に反応し、かえって自分自身を傷つけてしまうことがあるようです。そしてその原因は様々なものであることがわかっています。ここでは犬に発症しやすいアレルギー物質とその症状例についてご紹介します。

食物アレルギーは全体の約4割も

約4割の犬が食物アレルギーもしくはその可能性があるともいわれています。食物アレルギーは様々な食べ物に含まれている特定の成分に対してアレルギー反応を示します。口にする機会が多い小麦、鶏肉、卵、大豆、とうもろこし、羊の肉などがアレルギーの原因になりやすいとされています。
また、乳製品や様々なスパイスや食品添加物なども原因になるようです。主な症状は下痢、王と、皮膚炎などがあります。また、それに付随して犬が1歳未満であることや、うんちの回数が多かったり、かゆみがあったり、口や目の周りや背中などに慢性的な炎症があることも食物アレルギーが疑われます。

皮膚にいるノミに要注意

ノミの唾液中に含まれているたんぱく質によって、皮膚が赤くなったりかゆくなったりすることがあります。皮膚にノミがいるかどうかは以下の方法でチェックが可能です。
・濡れたティッシュで毛をふき取ると、ノミの糞によって赤いしみがじわっと広がる
・米粒を小さくしたような卵がある
・1~2ミリほどの茶色の虫がいる
ノミの本体は犬がかゆい部分をなめてしまってなかなか見つけることができないかもしれません。ノミに噛まれてから症状が出るまでの時間には個人差がありますが、よく症状が現れる部分はお尻からしっぽの付け根にかけた部分です。

犬も人と同じように花粉症にかかる

花粉症と言えばヒトのアレルギーだと多くの人が認識していると思いますが、犬も花粉に対するアレルギー症状を起こすことがあります。ヒトの場合、花粉に対するアレルギー症状は鼻水やくしゃみなどが代表的なものですが、犬は症状が皮膚に出ることが多いです。
顔を掻き毟ったり、壁や床に体をこすりつけたり、涙が出たり、発疹、外耳炎、色素沈着などが主な症状です。また、眼の周りの皮膚が赤くただれたようになったり毛が抜けるようになったりすることもあるようです。

ダニ対策で愛犬に最善の環境を

ダニが原因でアレルギー症状を起こすことがあります。症状としては皮膚にかゆみがでて赤くなったり腫れたり、毛が抜けたりします。ひどくなると皮膚がベタついた状態になりやすくなり、独特の体臭が出てくるようです。症状が出やすいのは耳や口の周り、脇の下、足の先、股の内側などです。
ダニが生きる条件は以下のようになっており、飼い主はこれらの環境ができないように心がけてあげましょう。
・カーペットや畳、ふとん、ソファ、カーテンやぬいぐるみなどダニが集まる場所がある
・湿度が50度以上あること、そして気温が50度未満である
・ダニの食事となるフケやアカ、食べカスやカビがある
気温や湿度の管理、またこまめな掃除を心がけるなど、愛犬が苦しまない環境つくりをしてあげましょう。

いかがでしたか?犬にも様々なアレルギーの原因があるようです。そしてアレルギーがあることを知らなければ犬に現れている症状がアレルギーによるものだと気づくのがとても難しそうです。長引く湿疹や下痢など気になる症状があれば、かかりつけの獣医さんに一度みてもらうと良いかもしれません。食事内容や対策を一緒に考えてもらえる良い機会となるかもしれませんね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

たんぱく質?炭水化物?本当に猫が必要としているキャットフードの選び方

縁あって家族の一員となった猫。いつまでも元気で長生きしてほしいのは、すべての飼い主の願いでしょう。 そこで重…

ドッグフードの適切な保存方法は?お役立ちグッズもご紹介します

皆さん。余ったドッグフードはどうしてますか?適切な保存をすると、長持ちさせることができます。今回は犬を飼って…

犬の妊娠期間はどれくらい?妊娠から出産までの時系列をまとめ

犬にも妊娠から出産までに周期でやるべきこと多くあります。しっかり飼い主側もサポート出来るようにしておきましょ…

関連するキーワード