かわいい愛犬が食べる毎日のごはん。最近では犬のごはんを手作りする方も多いようです。手作りするとごはんをあげる時間も楽しみになりそうですよね。ここでは犬のごはんを手作りにするメリットとデメリットについてご紹介していきます。

メリット1、安全性の高い食事を与えられる!

ドッグフードの中には発がん性が含まれている成分が含まれていたり、常温で放置しても腐らないようにするため合成保存料がたっぷりふくまれているものもあります。自分で選んだ食材を使うことで、新鮮でできたての食事を与えることができます。また、アレルギーがある場合、その食材が使われていない安心安全なドッグフードを探し回るのは大変な労力です。その点でも自分で作れば、自ら食材を選んで対応することができるので安心です。

メリット2、バリエーション豊かで飽きのない食生活!

犬のごはんを手作りにすると、毎日違う食事をあげることができます。ときには飼い主と同じ食材を使ったりして一緒の食事をいただいているような気分にもなれます。また、様々な食材を日替わりでできたての状態で与えることができます。毎日同じ味のドッグフードと比べて食事にバリエーションができ、毎日の食事が楽しみになるでしょう。

デメリット1、栄養バランスや好き嫌いが心配!

犬種によっては日本の食材を使った食事は合わないという意見もあるようです。また、手作りするにあたって犬が食べられない食材を避けたり、体調や年齢に応じた量にしたりするなど注意も必要です。そしてドッグフードのような完璧な栄養バランスを実現することがとても難しいです。また、毎日違う食材を食べていると好き嫌いをするようになり、食事を食べなくなることもあるようです。

デメリット2、手間がかかり衛生面に不安も!

毎日犬の食事を作るというのは、ドッグフードに比べると何倍も手間がかかります。作る手間だけでなく、レシピを考えたり買い物に行ったり、犬が食べてはいけない食材を知らなくてはいけません。また、水分量の少ないドッグフードに比べ、手作りの食事は日持ちがしにくいというデメリットがあります。できたての食事を与え、食べ終えたら下げてしまうところまで管理しないと、食中毒の危険もあります。日中仕事で留守にすることが多い飼い主さんであれば、手作りごはんは衛生上の不安もあります。

犬ごはん パングラタンレシピ

材料(8kg前後のワンコ2頭分)

食パン8枚切り 2枚
パプリカ 1/4個
しいたけ 1個
ブロッコリー 60g
鮭 2切れ
とろけるチーズ 適量
パルメザンチーズ 適量
豆乳  200ml
水 300ml
乾燥パセリ 適量

作り方

1、8枚切りの食パンを小さめの一口サイズに切ります。
2、パプリカ、しいたけ、ブロッコリー、鮭も一口サイズに切ります。
3、②のブロッコリー以外を水でグツグツと柔らかくなるまで煮ます。
4、火が通ったら弱火にして豆乳を入れます。沸騰させないように火加減に注意!
5、パンとブロッコリーを加えて、ブロッコリーが鮮やかなグリーンになるまで煮ます。
6、器に盛り付けて、とろけるチーズとパルメザンチーズ、乾燥パセリをふりかけて、オーブントースターで3~4分焼きます。とろけるチーズが溶けたら完成です。

いかがでしたか?手作りごはんはきっと飼い主さんにとっても愛犬にとっても嬉しいものでしょう。飼い主さんのライフスタイルに合わせてまずは手作りのおやつから取り入れてみるなどいろいろと工夫をして楽しめるといいですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

猫を飼い始めたらまずやろう!基本的なしつけまとめ

猫を飼い始めたらまずやろう!基本的なしつけについてまとめました。いくつかのポイントをしっかりマスターしておき…

消化されずに胃の中でつまることも!愛犬がトイレシートを噛んでいたら注意しよう

犬がトイレシートを食べないようにする為の方法をお紹介します。いつかの方法があるので是非試してみてくださいね。

ペット初心者でも飼いやすい猫の種類5選

ペット初心者でも飼いやすい猫の種類についてまとめました。ペットの初心者の方は、猫を飼った後にうまく生活してい…

関連するキーワード