猫に対してアレルギー反応が出る人がいることはよく知られていますが、猫自身もあるものに対してアレルギー反応を示すことがあることはあまり知られていないかもしれません。猫もヒトと同じようにある特定の本来無害な物質に対して、過敏な反応を示すことがあり、これをアレルギー反応といいます。ここでは猫のアレルギー症状改善に役立つ情報についてご紹介します。

ノミアレルギー性皮膚炎と対策

猫に最も多く見られるアレルギー疾患です。脱毛を伴う痒みの強い湿疹です。原因はノミの唾液に含まれているタンパク質であると言われています。猫によってはノミに噛まれてもアレルギーになる場合とならない場合あり、全ての猫がノミアレルギー性皮膚炎になるとは限りません。
症状の対策としてはノミを近づけないことそして皮膚にいるノミを全て退治してしまうことです。ノミがいなくなれば痒みはおのずと収まります。ノミの繁殖は主に家の中です。家の中の温度・湿度管理やこまめに掃除を行い、清潔にしておくようにしましょう。

食物アレルギー性皮膚炎と対策

食物アレルギーはヒトと同じように食事の中に含まれるある特定のたんぱく質に対して過敏な反応を起こすことです。ヒトの場合は消化器や呼吸器に症状が現れることが多いのですが、猫の場合は皮膚に症状が出ることが多いようです。頭や頸部、ときには全身に症状が出ることがあります。ぶつぶつした発疹や水泡であることが多いのですが、ひどくなるとじくじくした湿疹になったりただれたようになったりします。

食物アレルギーが疑われるときは除去食を試してみることが有効だといわれています。発生頻度が高いタンパク質である鶏肉や豚肉を避けたり、少ない食材で食事を作ったりすることを1カ月ぐらい続けた後にもとの食事に戻します。もとの食事に戻した時に症状がもどった場合、食物アレルギーによる皮膚炎であることが考えられます。安易な判断はしにくい場合もありますので、気になる症状があればお医者さんに相談して見るとよいでしょう。

薬剤によるアレルギーと対策

原因となる薬剤は様々ですが、服用する薬によってアレルギー反応を起こすこともあります。ひどい場合はアナフィラキシーショックを起こして死に至ることもあります。症状としては強いかゆみをともなう湿疹です。ときには痒み止めを服用することでさらに痒みが増すことがあるようです。
しかし、猫の場合なかなか判別がつきにくいようです。症状改善にはステロイド剤が使用されますので、かかりつけの獣医さんに相談するようにしましょう。

接触性アレルギーと対策

稀なケースですが、プラスチック製の食器に含まれる有機溶媒で猫がアレルギー症状を起こすこともあります。食事にプラスチック食器を使用していて、猫が口の周りだけを痒がる様子が見られれば接触性アレルギーの可能性があります。
その際はステンレス製の食器に変えて使用してみることをおすすめします。接触性アレルギーの場合は症状が治まります。逆にステンレス製のものを使用していて同じような症状がみられるときはプラスチック製のものに変えてみるとよいでしょう。

花粉症と対策

猫も花粉症を発症することがあるようです。原因は雑草のブタクサなどといわれていますが、発症する頻度は低いようです。以前は猫には花粉症はないといわれていましたのでこれから研究されていく分野です。
このタイプのアレルギーが疑われる場合は、窓を開ける頻度や時間を短くしたり外出させる時間を短くしたりするなど工夫するとよいでしょう。

いかがでしたか?猫にも様々なアレルギーがありますが、まずは気になる症状があればかかりつけの獣医さんにみていただくことをおすすめします。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

賢いからしっかりしつければ問題なし!ロシアンブルーのしつけ方

ロシアンブルー猫の女王様と名付けられほどの美貌の猫です。上品な猫であるからこそ、しっかりとした躾をしたいもの…

猫を飼い始めたらまずやろう!基本的なしつけまとめ

猫を飼い始めたらまずやろう!基本的なしつけについてまとめました。いくつかのポイントをしっかりマスターしておき…

トイレ砂をもらさずキャッチする!砂取りマットの選び方

猫ちゃんのトイレ砂が散らかることで、お部屋が埃っぽくなることもあります。お部屋を清潔に保つためにも、砂取りマ…

関連するキーワード