家猫を飼っている方だと、猫を連れて外出する機会はあまりないかもしれません。特に雨の日となるとなおさらでしょう。しかし、猫が急病になってしまった場合などは外出を余儀なくされる場合もあります。その際に、気をつけたい3つのポイントをご紹介します。

ポイント1.猫も雨の日は憂鬱

雨の日の猫は、ほとんど眠って過ごしています。家猫だけでなく、野良猫たちも雨を避けるための場所に逃げ込んで、なるべく動かないようにしています。雨の日に猫と一緒にお出かけする場合、猫は動きたがらないので、時間などが決まっている場合は早めに準備する事が重要です。

ポイント2.ケージに慣れておく

猫の中には、ケージに入ることを嫌がる猫も少なくありません。雨の日の急なお出かけ時に、猫は逃げ回ってしまうかもしれません。その時のために普段からケージに慣らしておいて、雨の日でもケージに入ってくれるようにしておくといいでしょう。

ポイント3.ハーネスを利用しよう

猫にハーネスをつけると聞くと、驚く方もいるかもしれません。でも、特に家だけで飼われている猫は、外に出たときにどんな行動をするかわかりません。雨の日のように特殊な場合だと、何かに驚いた拍子に、飛び出して逃げる可能性もあるので、ハーネスをつけておくのもいいでしょう。

家で飼っている猫とお出かけする機会はあまりないかもしれません。ふだんから雨の日の事を考えて慣らしておく事で、雨の日に猫と一緒に外出する助けになるでしょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

これでラクラク!ワンちゃんのウンチ処理袋 ウンチポイ 100枚入 お徳用パック

ワンちゃんとお散歩のときにウンチをしちゃったら素早く対処したいですよね!そんな時ワンちゃんのウンチ処理袋 ウ…

関連する読みモノ

日頃の準備が大切です!迷子札としつけで愛犬を非常時から守りましょう

非常事態に備えて、愛犬には迷子札をつけることは重要です。でもそれ以上に大切なのは普段からのしつけです。非常時…

決定版!ペットシーツを選ぶときに役立つ5つのポイント

ペットシーツを選ぶときに役立つ方法をまとめてみました。愛犬のためにしっかり選んであげましょう。

困っている飼い主に!犬との信頼関係の作り方

犬との信頼関係を築くためにも、主従関係をはっきりさせながら、愛情を持ってスキンシップを取り続けましょう。

関連するキーワード