これから犬を飼おうと思っている方は、どうやってしつけをするか、いつしつけをするかで悩んでいるかもしれません。今回は適切な時期についてご紹介します。

早いほうが効果的

犬のしつけが上手くいくかどうかは、子犬のうちの早い時期にしつけができるかどうかにかかっています。早ければ早いほどいいと言えます。
生後すぐには親犬から離れるのが無理とは言え、生後三か月ほどすれば、もうしつけを覚えられるようになります。三か月~五か月ぐらいが、犬がしつけを覚えるためにいちばん効果的だと言われています。

成長の速度に合わせたしつけを

親犬から離れたばかりの子犬は、もちろん人間の保護に頼るしかありません。でも、生後三か月ほどで、しつけを学習してくれるほど成長します。生後半年ほどすると、なかなか覚えてくれなくなってしまいます。犬のしつけというと、お手やお座りの他に、トイレがあります。トイレのしつけが上手くいかないような、早い時期にも、名前を呼んだりして慣らしていくといいでしょう。

犬のしつけは、子犬のうちの早い時期ほど効果的です。子犬として家に迎えたらすぐに、しつけに取り組むといいでしょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

ストレスのサイン!?愛犬の噛む行為、その原因とは?

噛む癖のある犬はストレスを抱えている場合が多いです。愛犬が噛み癖をつけないようストレス解消をさせましょう。

ペットシーツで分かる犬の体調について

犬を飼い始めたばかりだと、どんなとき体調が悪いのかよく分からないもの。今回は初心者さん向けに、ペットシーツで…

今日のごはんはパスタ!愛犬用にパスタ・スパゲティを作るときの注意点は?

飼っている犬の手作りごはんには、麺類も使えます。人間の食事がパスタメニューなら愛犬のごはんにも同じパスタを使…

関連するキーワード