これから犬を飼おうと思っている方は、どうやってしつけをするか、いつしつけをするかで悩んでいるかもしれません。今回は適切な時期についてご紹介します。

早いほうが効果的

犬のしつけが上手くいくかどうかは、子犬のうちの早い時期にしつけができるかどうかにかかっています。早ければ早いほどいいと言えます。
生後すぐには親犬から離れるのが無理とは言え、生後三か月ほどすれば、もうしつけを覚えられるようになります。三か月~五か月ぐらいが、犬がしつけを覚えるためにいちばん効果的だと言われています。

成長の速度に合わせたしつけを

親犬から離れたばかりの子犬は、もちろん人間の保護に頼るしかありません。でも、生後三か月ほどで、しつけを学習してくれるほど成長します。生後半年ほどすると、なかなか覚えてくれなくなってしまいます。犬のしつけというと、お手やお座りの他に、トイレがあります。トイレのしつけが上手くいかないような、早い時期にも、名前を呼んだりして慣らしていくといいでしょう。

犬のしつけは、子犬のうちの早い時期ほど効果的です。子犬として家に迎えたらすぐに、しつけに取り組むといいでしょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

これが犬?犬の鳴き声に聞こえないオモシロ動画まとめ

これが犬?犬の鳴き声に聞こえない動画についてまとめました。今回はワンちゃんのオモシロイ鳴き声の動画をピックア…

賢いからしっかりしつければ問題なし!ロシアンブルーのしつけ方

ロシアンブルー猫の女王様と名付けられほどの美貌の猫です。上品な猫であるからこそ、しっかりとした躾をしたいもの…

精悍な顔つきの大型犬!ドーベルマンのしつけ方

筋肉質な身体に精悍な顔立ちのドーベルマンのしつけ方をご紹介します。優秀な犬だからこそ接し方やコミュ二ケーショ…

関連するキーワード