うちの猫は、我が家で満足しているのかしら?このトイレでいいのかしら?と疑問を覚える飼い主さんも多いと思います。今回は、排泄にスポットを当て、おうちで飼っている猫にとって、どのようなトイレが理想的と言えるのか。愛猫が快適に過ごせるトイレの環境について、ご紹介したいと思います。

静かに安心のできる場所

猫のトイレのしつけは、犬より簡単で、一度覚えさせてしまえばOKです。ただし、犬と違うのは猫はとっても神経質な生き物。排尿時にじっと見られたり、騒がしい場所にあったりすることは嫌います。トイレの近くに電化製品がある、鏡がある、アラーム音がでる、といった環境は避けましょう。安心して、落ち着いた環境づくりをしていけるよう、適切な場所を探しましょう。

清潔であり、排泄物が隠せる事。

猫はとてもきれい好きで、本能として排泄物を隠す習性があります。そのため、汚いところでの排泄を嫌がり、綺麗なトイレを好みます。また、嗅覚が人間よりも鋭く、敵から身を守る為、習性として排泄物に砂をかけます。自分のにおいがいつまでもあるのをとても嫌がり、飼い主に片付けろと言わんばかりに呼びに行く猫もいます。愛猫が気持ち良く、排泄できるように、常に掃除をしてあげましょう。また、においが残らないよう、ペット用の消臭スプレー等で清潔に保ちましょう。

好みの砂と猫用トイレを探す

猫は、トイレの砂やトイレの箱の形状によっても好みがあり、気に入らないとそこで排泄してくれません。トイレの砂を変更する場合や、トイレの箱を変える時には気を付けなくてはなりません。また愛猫の好みの砂や猫用トイレを探す事が大切です。
まずは、猫用の砂ですが、パルプでできているものや、ゼオライト等素材の違いや粒の大きさの違いもあり、多種多様な商品があります。材質、粒の大きさ、踏んだ時の感触・音などなど、ちょっとした事で排泄を嫌がります。猫の好みを優先し、好きな砂を探してあげましょう。また、ペットシーツを利用するのも、お掃除の面から見れば使用した方が、粗相をした際にでも、匂いがつかず、簡単に片付けられます。
次に、トイレの箱の形状についてですが、「箱型」「ドーム型」等があります。「箱型」は四角い箱だけのものです。手入れがしやすいのが特徴ですが、「ドーム型」のような囲いがないオープンタイプな為、猫にとっては排泄時に見られていたり、攻撃を受けるかもしれないと言った不安感があるかもしれません。また、砂が周りに飛び散る点です。

ドーム型トイレの種類

ドーム型には、ハーフドームとフルカバーのドームのものがあります。どちらもカバーがついており、ハーフドームは、砂の飛び散りが防げるメリットがあり、フルカバーのドームは、猫が周りを気にせずに安心して、排泄ができる環境にする事ができます。トイレの箱の大きさは、大きめのタイプを好む猫が多いようです。また、縁の高さにも注意してあげましょう。高齢になってきますと、ちょっとした段差もあがれなってしまいますので、注意が必要です。飼い主の自宅環境や猫砂の使い勝手によっても変わってきますので、双方の好みにあったものを探しましょう。

排泄をスムーズに毎日きちんとする事は、健康のバロメータにもなります。猫は繊細な生き物です。ちょっとした事で排泄ができずに、排泄障害を起こしてしまう場合もあります。すっきりとした気持ちのよい環境づくりを目指し、飼い主にとっても、愛猫にとっても満足できるようなものにしたいですね。愛猫がいつまでも元気でいるためにも、ストレスを排除し、快適な環境を目指しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

これで安心!花王 ニャンとも 清潔トイレ 脱臭・抗菌マット 6枚入

サッと吸収してくれるので脱臭・抗菌効果が抜群です!針葉樹の木材が主成分だから環境と愛猫にも優しい!

関連する読みモノ

ワンちゃんがペットシーツを食べないようにする3つの工夫とは?

犬がトイレ用のペットシーツを噛んでぼろぼろにしてしまう!そんな問題行動の原因と対処法についてご紹介します。お…

トラブルになる前に!お散歩デビューに準備するべきことまとめ

犬の飼い方・しつけの中で習慣にしたいのが散歩です。犬を運動不足にさせない以外にも、ストレスを失くす効果もある…

寂しいから?いやがらせ?犬が粗相をする理由とは

普段はトイレでおしっこすることができる犬が、突然粗相をしてしまうことがあります。その原因は、精神的なものと環…

関連するキーワード