いつも愛犬にあげている手作りごはんには白米を使っているけれど、今日の人間のメニューはパスタ。そんなとき、犬のごはんも同じパスタメニューにすれば簡単に用意できますよね。愛犬にパスタやスパゲティを与えるときの扱いはどうすればよいのでしょうか。

愛犬にパスタやスパゲティメニューを与えてもよい?

家族の一員であるペットに手作りのごはんを用意する一番のメリットは、口から体に入る成分を飼い主がしっかり把握できることです。犬はどちらかというと肉食ではないかというイメージがありますが、人間との共同生活を長く続けてきた中で、雑食化が進んでいます。そして、人間と同様、体を動かすエネルギー源を得、健康に暮らすための栄養素は欠かせません。

炭水化物もそんな大切な栄養素の1つ。炭水化物では、人もお米を食べるときは同じお米を犬にあげることもできます。しかし人が麺類の時、同じものを犬にあげてもいいのでしょうか?

答えはイエス。麺類の多くは、原料が小麦粉や米粉などと、シンプル。これらの麺類を犬の炭水化物源としても問題はありません。もちろんパスタやスパゲティもOKです。

パスタやスパゲティを茹でるときに気をつけたい塩分量

ただ、犬ごはんにパスタ類を用意する場合、ちょっとしたことに気をつける必要があります。ほかの麺類と違い、パスタを茹でるときには沸かした湯に塩を入れます。人間用のパスタやスパゲティをおいしくする秘訣として、習慣になっているはずです。

しかし、犬や猫などのペットの食事には、塩分量に気をつける必要があります。人間の食事でも、塩分過多が健康に悪影響を及ぼすことはよく言われていることですね。ペットも同様、塩分の摂り過ぎは、心臓や腎臓などの内臓に負担となる可能性が高くなってしまいます。

犬が摂ってもよい塩分量は、人間の1/3が目安。ですから、犬ごはん用のパスタを茹でるときには、湯に塩を入れないようにしましょう。もともと麺類に含まれる程度の塩分量なら、気にしなくても大丈夫です。

人間と犬用ごはんで違うパスタやスパゲティの茹で方

うどんなど他の麺類と異なるパスタ類の特徴として、茹でた後も水分含有量が少ないということがあります。そのため、分量のわりに高カロリーとなりがちです。食欲旺盛な犬に与えるときには、カロリー過多とならないか、少し心配ですね。パスタの表示時間より少し長めに茹でて、ふやかすようにすると、カサが増します。

また、長いスパゲティでは、他の麺類と比較してちぎれにくいのではないか、という心配もあるかもしれません。多くの犬は、長い麺類であっても、上手に食べることができます。「これまで食べたことがないから」「体の小さな犬だから」という面で気になるなら、鍋に入れるついでに手で折って、短くしておくとよいですね。

パスタやスパゲティを茹でる分量はどれくらい?

炭水化物のほか、タンパク質や脂肪なども必要な犬用ごはん。パスタを使ったごはんの時にも、全体的な栄養バランスに気を配ってあげたいですね。そこで気をつけたいのが、人間の食事との栄養バランスの違いです。雑食化が進み、人間と似たようなものを食べる犬ではあっても、必要な栄養素のバランスは微妙に異なります。

人間が必要とする炭水化物の割合よりも、犬の必要な炭水化物量は少なく、タンパク質量は人間よりも犬の方が多めです。パスタやスパゲティを作る場合、人間のものだと具やソースよりもパスタがメインですね。ですが、犬ごはんのパスタでは、人間のものより具を多くするように気をつけます。厳密に量らなくても大丈夫ですが、パッと見た感じ、肉や魚などのタンパク質がパスタと同量くらいとなるのを目安としましょう。

パスタメニューをサポート【愛犬厨房 ご飯でつくる犬ごはん】

犬の手作りごはん生活をサポートしてくれるのが、【愛犬厨房 ご飯でつくる犬ごはん かつおプレミックス】。水を加えたものを、ご飯に混ぜ、食用油をプラスするだけで、簡単においしい犬ごはんが作れます。ご飯の代わりにパスタに混ぜることもできるので、パスタやスパゲティメニューの具に悩んだときにもおすすめです。

主な原材料は、乾燥したカツオやおから、煮干し、にんじんやかぼちゃなど豊富な野菜類。国産の食材を10種類以上使い、大切な犬の健康を守るビタミンやミネラルがバランスよく配合されているので、安心です。

愛犬の健康を考えての手作りごはんも、続けられなければ意味がありません。パスタや市販のサポート品を使用すれば、手作り犬ごはんのメニューも広がります。愛犬の好みや体調を確かめながら、楽しんで長く続けていきましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

猫のうんちはトイレに流せる?それとも流せない?

愛猫家の皆さんは、猫のうんちをどのように処理しているでしょうか。猫のうんちはトイレに流すと詰まりの原因を引き…

これは本気噛み?猫の甘噛みを矯正したい時に役立つポイント

これは本気噛み?猫の甘噛みを矯正したい時に役立つポイントについてまとめました。子猫の時にしっかりとコミュニケ…

チャームポイントでもあるしっぽの動きで、猫の本音を探っちゃおう!

パタパタ振ったり、先だけ小さく振ったり、猫のしっぽを観察してみると様々な動きをしています。振っている猫のしっ…

関連するキーワード