やんちゃなペットのいたずらでペットシーツがぐちゃぐちゃに。可愛いペットなのに困っていることも多いのではないでしょうか。
本記事では、ペットシーツがぐちゃぐちゃにならないアイデアをご紹介いたします。

ペットシーツより楽しいおもちゃを与えてみよう

ペットシーツはビリビリと噛み千切る感覚に楽しさもあり、好奇心旺盛な子犬にとって、興味の沸きやすいものです。また硬い部分と柔らかい部分が存在しているのも魅力の一つです。しかし、ペットシーツの感覚よりも楽しいおもちゃを与えることでペットシーツをぐちゃぐちゃにしなくても面白いものがある、という感覚を知ることができます。子犬が工夫するとおやつが出てくるコングや知育おもちゃに加え、噛み応えの違うおもちゃなどを与えることで飽きずに色々な感覚を楽しむ可能性が高まります。また、歯の生え変わり時期に歯がゆくてペットシートを噛んでいる場合もありますので、ふさわしいおもちゃの硬さを見定めるためにも、定期的に口の中を見てグラグラしている歯がないかどうかチェックしておきましょう。

子犬の苦手なにおい、味をペットシートに使う

子犬には苦手なにおい、味があります。子犬の嫌がる臭いのスプレーをペットシーツにシュッと吹きかけることで、子犬はペットシーツを噛まなくなるという効果も期待できそうです。ペットシーツを噛まなくなってきたら、少しずつ使用量を減らしていくといったしつけ方法もあります。注意点として、やみくもにスプレーをすると、その臭いを嫌うあまりにペットシーツにオシッコをしなくなる可能性もあります。飼い主さんの目に届くときは使用しないといった、「メリハリ」も大切です。

一緒にいるときには適切に叱ろう

あなたの目の前で、ペットシーツを噛んだときのみ、叱っても構いません。そのとき特に女性は高い声で叱ると「ペットシーツを噛む=構ってくれる」と勘違いさせる可能性がありますので、できるだけ低い声で「ダメ」「NO」といった短いコマンドで叱ります。コマンドは子犬の名前と似ていないコマンドが良いでしょう。そして、破れたトイレシートを交換しますがその間、懐いてきても完全に無視します。「トイレシートを破くと構ってもらえなくて寂しい」といったイメージがつけば成功です。最初は叱られていることに気づかないかもしれませんが、いずれ「破いてはいけないもの」と学ぶでしょう。

網目式ペットトレーを併用しよう

叱っても効果がない子や、叱ることが下手な飼い主さん、留守番の時間が比較的長い子犬と飼い主さんの場合、最終手段として、ペットシートをどうやってもぐちゃぐちゃにできないように物理的に対策することが大切です。一番簡単なのは「網目式のトイレカバー」を使うことです。網目式のトイレカバーはゆるゆるウンチの処理はちょっと大変ですが、オシッコをペットシートの上で行うようしつけするためには何よりも効果的です。交換の手間はかかっても、飼い主さんと子犬の関係を保つためだととらえ、有効に活用してみるとよいでしょう。

背景にストレスがないか、チェックして

最後に必ずチェックしたいのが「ストレスが原因でペットシーツをぐちゃぐちゃにしていないか」ということです。大型犬なのに散歩が少ない、留守番が長くて、飼い主さんとコミュニケーションが取れないといったストレスのはけ口が「ペットシーツ」になっていることは珍しくありません。ぐちゃぐちゃなペットシーツを見てがっかりする前に、本当にその子と楽しく過ごしている時間がどのくらいあるか、しっかり見極める時間を持ちましょう。

まとめ

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

【検証あり】ペットシーツはどう選ぶ?うちの子にぴったりのシーツ選び(前編)

衛生的で掃除も楽々なペットシーツは、犬を飼っている人にとって欠かせないアイテムのひとつですね。とはいえ、ペッ…

お散歩で飼い主をぐいぐい引っ張る愛犬に困ったら?こんな対処をしてみましょう!

リードを強く引っ張った状態でお散歩する犬がいます。元気なのは良いですが飼い主が制御できないほどだとトラブルに…

高齢者が犬を飼う、でもちょっと待って!問題点を考えてみましょう

犬は飼い主が何歳までなら飼っても大丈夫だと思いますか?車の運転同様、高齢者が犬を飼育することを懸念する声もあ…

関連するキーワード