子猫のときなどに多いのが、普段からトイレの猫砂でくつろいでしまったり、そのまま猫用トイレで寝てしまったりといった行動。この不思議な行動、見た目は可愛いのですが、衛生面などを考えるとやっぱりやめさせたいところですよね。

今回はその原因と対処法を3つご紹介します。

そもそも猫用トイレで寝るようになってしまう理由は?

冒頭で子猫のときに多い、と書きましたが、これは成長した猫であっても十分に起こり得る状況です。その理由は単純で、トイレがとても落ち着く場所だから。

猫はみなさんご存知の通り、狭い場所が大好きで、かつ自分の匂いがする場所=マーキングを済ませた場所をテリトリーとして認識します。

ですから、猫がトイレで寝るようになるのは本能であって、ごくごく自然な行動のひとつ。うちの猫はちょっと変わってるのかもしれない、なんて不安に思う必要はありません。

しかし、そうはいっても猫のトイレはばい菌の温床ですから、できるだけ早くやめさせるに越したことはないですよね。それでは、続けて対処法を見ていきましょう。

1、根気強く対処!寝てたらとにかくやめさせる!

さて、まだ猫が幼い場合はただ猫のしつけができていないだけの可能性があります。

このケースの対処法は非常に簡単で、猫がトイレで寝ていたらとにかく移動させるだけ。そんな方法でいいの?と不安に思われるかもしれませんが、時間をかければきちんと覚えてくれます。

安らかに寝ているのを邪魔するのは気が引ける、なんて感じる方もいらっしゃるとは思いますが、やはり猫の健康や今後の生活を考えればそれも致し方ありません。

むしろ、何度か見過ごしてしまうとどんどんその習慣が抜けなくなってしまう可能性もありますので、心を鬼にして徹底的に対処するようにしましょう。

2、もっと落ち着ける場所を用意してあげる

成猫でも、ふとしたきっかけでトイレで寝るようになってしまうことがあります。

これは主に、引っ越しや部屋の模様替えで普段寝ていた場所の様子が変わってしまったことが原因。今まではきちんと猫用ベッドなどで寝ていてくれた猫でも、こうしたきっかけで急にトイレで寝はじめるというケースがよくあります。

こちらも原因がはっきりしていますので、対処も分かりやすいです。つまり猫にとってトイレが最も落ち着く場所になってしまっているので、より居心地の良い空間を用意してあげましょう。

模様替えでトイレや寝床の配置を変えてしまった場合は戻してあげたり、引っ越しなどで止むを得ない場合はお気に入りのクッションやおもちゃで住処を作ってあげてください。

3、物理的にシャットアウト!蓋付きトイレやケージ

何回移動させても、他に寝床を用意してあげてもどうしても直らない、という場合は、ケージ飼いを検討してもよいかもしれません。

ただでさえ室内飼いで不自由させているのだから、室内でくらい伸び伸びと過ごしてほしい、という方は蓋付きのトイレを導入するのもおすすめ。

用を足す際には都度蓋を開けてあげる必要があるので、日中つきっきりで面倒を見ていられる方に限られてしまいますが、他の対処法よりも確実です。

慣れてきたら徐々に蓋を開けておく時間を増やすなど、柔軟に対応できると良いですね。

まとめ

人もそうですが、猫にとってトイレはとっても落ち着く場所であり、また同時にストレスを解消するポイントでもあります。トイレで寝るのをやめさせたいという気持ちが先行するあまり、猫が不要なストレスを溜めてしまわないよう、気をつけてください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

天然素材を使用! サクラの香りの猫砂 10L

猫ちゃんの体にも安心な天然の木材を使用。サクラのほのかな香りでトイレをより快適空間に。

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

関連する読みモノ

暑い時期に気をつけたい猫の熱中症、その予防と対策法とは?

猫は寒がりだというイメージから、暑いのには強いと思っていませんか?熱中症は気がついたときには、重症だったなん…

可愛い仕草がたまらない♡一緒に寝ようと誘ってくる猫!

猫ちゃんの視線が何かを訴えています! おやつでもご飯でもなくて、本当にして欲しいことは一体何なのでしょうか?…

猫のプニプニ肉球もツボがある!大切にしたい肉球の機能とは?

猫の肉球はぷにぷにしていて癒やされます。この肉球が大好きで、ツボをマッサージしてあげている人もいると思います…

関連するキーワード