とつぜんに駆け回る猫、あるいは鳴きわめいたり、トイレの砂をまき散らしたり。いったいあなたはどうしたの?とはじめて猫を飼った飼い主さんは、首を傾げることでしょう。この猫のトイレハイっていったい何なのでしょう?その原因を探ってみましょう。

猫のトイレハイっていったい何?なぜそんな行動をするの?

猫のトイレハイとは、飼い猫がトイレに行く前後にとつぜんハイテンションになり駆け回ったりすることです。猫を飼っている人ならば、よく見る光景かも知れませんが、はじめて見た人は、飼い猫の頭がおかしくなったのかとびっくりすることでしょう。
トイレハイの原因なのですが、じつははっきりとはわかっていないようなのです。ただし仮説はあります。まずは本能ではないかという説。猫の野生時代、トイレは住処から離れたところにありました。トイレで用を足し、安全な住処にすばやく戻るためにダッシュする、その本能がいまも残っているというものです。
用を足した臭いが他の獣に見つかると危険なため、全力で用を足した場所から離れるという説もあります。または縄張り作りのため用を足し、そのマーキングの行為が隙だらけなのでテンションが上がってしまうという説。用を足し終わったことによる開放感からハイテンションになるという説。さらには用を足している時は落ち着いているため、副交感神経が優位に働き、用を足した後は反動で交感神経が優位になってハイテンションになるという説もあります。
どれも仮説であり、なるほどと思われる方もあれば、そうかな?と疑問を感じる方もいるでしょう。ほんとうのところは、猫に聞いてみないとわからないのかもしれません。しかし、そんなこと知らない、とそっけなく言われそうですね。

猫のトイレハイ。どんなタイプがいるのでしょう?

トイレハイは、猫によりさまざまな表現方法があります。まずいちばん多いのが猛ダッシュ派です。やみくもに部屋中を走り回ります。行ったり来たりする行動からすると、用を足した場所から遠ざかるため、という説はあてはまらないのでは、と思えるかも知れません。
飼い主や物にぶつかりまくる猫もいます。ふだんは障害物を軽々と避ける猫ですが、トイレハイの時は冷静さを失っているのは間違いなさそうです。
爪を研ぎまくり、トイレの砂をまき散らし、高いところに駆け上るといった忙しい猫もいます。ひとり運動会を開催しているかのようなありさまです。
トイレに行く前に、せつない声で鳴き続ける猫もいます。人間もお腹が痛くなると、せつなくなりますね。それと同じことなのでしょうか。
大声で鳴きわめく猫は、まるでトイレに行くこと、あるいは用を足したことをアピールしているようです。このことから考えると、トイレハイが危険から逃れるための本能の行為であるという説が、疑問に思えてきますね。

猫がハイテンションになっているときに注意することは?

トイレハイになって、我を忘れて走り回る猫を見て、危険だと思われるかも知れません。トイレハイをやめさせたいという人もいるでしょう。しかしこの行為はしつけでは直りません。無理に直そうとすると、猫のストレスになるおそれもあります。
もし猫の怪我が心配であるならば、飼い主が注意をしてあげましょう。たとえば、床に散らかった余計なものは片付ける、猫が駆け上る家具で不安定なものはないかチェックする、ハサミなどの危険なものがないか確認するなど。猫ポールなども強度を十分に確認しましょう。トイレハイの猫は、おそろしい勢いで駆け上りますからね。
あとは温かく、かわいい猫のひとり運動会を見守ってあげましょう。

まとめ

猫のトイレハイは、本能の名残などさまざまな説がありますが、はっきりとはわかっていません。部屋中かけまわったり、爪をとぎまくるなど、ひとり運動会を繰り広げるのです。飼い主は、我を忘れて駆け回る猫の危険を排除してあげて、あとは温かく見守りましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

どんなしつけ方がいいの?アメリカンショートヘアーの特徴としつけ方

猫一番人気ともいっても過言ではない、アメリカンショートヘアーです。その特徴としつけを簡単に解説します。愛くる…

憧れだけで飼わないで!人気チワワやトイ・プードルなどの犬種別向いている環境や気をつけ…

CMやドラマ、などで憧れているいる犬種があると思います。でも、今の環境で飼っても平気?人気のトイプードル、ミ…

いつから始めればいいのかわかない!犬のしつけを始める適切な時期とは

いつから始めればいいのかわかない!犬のしつけを始める適切な時期についてまとめました。飼い主さんにはとっても愛…

関連するキーワード