猫ちゃんのトイレ用品としてポピュラーなのが猫砂です。ひとくちに「猫砂」と言っても、その種類は様々。今回は猫砂によく使われる素材「鉱物」「紙」「食品」「木材」「シリカ」について、それぞれの特徴をご紹介します。

リーズナブルな「鉱物タイプ」

天然の鉱物や粘土を素材とする猫砂は、より自然の砂に近いため猫ちゃんに好まれるケースが多いことが特徴です。比較的低価格の商品が多い点も利点として挙げられるほか、素材となる鉱物によっては洗浄しての再使用が可能となる場合もあります。
ただしベントナイトを素材とする猫砂の場合、粉じんの吸引によって健康を害する可能性が報告されています。特に呼吸器系の疾患をお持ちの方は注意してください。

扱いやすい「紙タイプ」

紙を主原料とする猫砂は、燃えるごみとして捨てることが可能なほか、製品によっては汚物ごと水洗トイレに流して処分することもできます。飛び散りや猫ちゃんの身体への付着が起きやすく、部屋が散らかることがあるという側面もありますが、軽さや処分のしやすさから扱いやすい猫砂であると言えるでしょう。

誤食対策に「食品タイプ」

おからやお茶の葉などを使った猫砂の最大の特徴は、「もとは食品であり、万一の場合にも猫ちゃんに悪影響を及ぼしにくい」という点。誤食が心配な場合におすすめであるほか、軽量であり製品によってトイレに流すことができるなど、紙タイプと同様扱いやすいこともポイントです。

さわやかに香る「木材タイプ」

木材のチップやおがくずなど木を原料とした猫砂には、木材ならではの芳香性が期待できます。さわやかな木の香りでさりげないデオドラント効果が期待できるほか、比較的粒が大きいので飛び散りにくい点も特徴。紙・食品タイプと同様に軽量で処分もしやすいのですが、お値段は多少高くなる傾向にあります。

お手入れ楽々「シリカタイプ」

食品などの乾燥剤としてポピュラーなシリカゲルでできたシリカタイプの猫砂は、「限界まで吸水したら砂を全て捨て、新しいものに替える」という独特のお手入れを行います。日ごろのお手入れはほぼ便の場合のみで済むため、手間を減らしたい方向き。ただしお手入れ回数の減少に伴って猫ちゃんの健康チェックがしにくくなるため、愛猫が腎疾患を持っている場合などは避けた方が無難です。

まとめ

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫砂 おから 『 ワンニャン おからDEサンド 』中空タイプ トイレに流せる猫砂 7…

トイレに流せる猫砂。おからを主原材料にしているため、消臭・吸収力も抜群。7Lサイズを6袋のセットにして、お得…

安心とエコを第一に考えたホワイトウッドの猫砂 10L×5袋

木の成分が高い消臭効果を発揮するホワイトウッドの猫砂。大きめのチップで粉塵も出にくいのが特徴です。

猫砂 『花王 ニャンとも清潔トイレ』 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

トイレの際、飛び散らないよう大きめのチップで作られておるので、粉が舞うこともなく、お手入れの手間が省けます。…

関連する読みモノ

早いうちからはじめたい。犬猫のトイレトレーニング大辞典

犬や猫など、ペットと暮らしていくうえで欠かせないトイレのしつけ。トイレとは、自発的に決まった場所でうんちやお…

おやつも食事もしっかり食べさせたい!猫用低カロリーおやつ3選

猫も大好きなおやつ。けれど、おやつの食べ過ぎで、食事量が減ってしまっては困りますよね。そこで今回は、しっかり…

飼い猫にあった猫砂の選び方と安全性とは?

猫のトイレに敷く猫砂。猫のおしっこを吸収してくれるだけでなく素早く固めてくれます。おしっこの臭いも抑えてくれ…

関連するキーワード