皆さんの家に、いらなくなったペットシーツはありませんか?不要になったペットシーツは、寄付することで他のわんちゃん、ねこちゃんに役立てることができます。

ボランティア団体やNPOに物資を提供すれば、動物たちの生活で役立つことがあるはず。ここでは実際に寄付できる団体をご紹介します。

動物を生かすためにペットシーツなどの物資は必要

出典:http://goo.gl

いらなくなったペットシーツは知人の方に譲ったり、捨ててしまう人が多いのではないでしょうか?平成27年度の調査によれば、殺処分される犬・猫はあわせて8万匹以上、まだ幼いわんちゃん、ねこちゃんだけだとなんと!5万匹はいるとされています。(環境省調査)

こうした動物たちは、飼い主が年老いてお世話が出来なくなった、しつけが上手くできなくて手放したくなった、繁殖させ過ぎて手に負えなくなったなど、さまざまな事情で収容施設に集められるのです。引き取り手がないと、その後、処分の対象になってしまいます。

そうした悲劇を増やさないためにも、ボランティア団体などが里親が見つかるまでの間、一時的に保護するケースがあるってご存知でしょうか?しかし、多くの生き物を保護すると、どうしてもペットシーツなどの物資が少なくなってしまう問題があります。

かわいそうな動物を守るために私たちは物資提供ができる

出典:http://goo.gl

現在、さまざまな動物NPO団体や、ボランティアが活躍していますが、保護したわんちゃんやねこちゃんの世話を毎日するためには、どうしても日用品を揃えなければなりません。しかし、団体の金銭的な問題により、なかなかうまくできないケースがあるとのこと。

ドライフードや缶詰など、食べ物の支援はもちろんのこと、ペットシーツの提供をお願いする団体はたくさん存在します。排泄物を処理するためのペットシーツですが、これがあると感染症を防げたり、悪臭をシャットアウトして保護された動物たちが安心・快適に暮らせるサポートが可能。

あなたの手元にいらなくなったペットシーツがあれば、できるだけ該当団体へ寄付をしてあげてください。それは、生き物の明るい未来へとつながるのではないでしょうか?

「動物愛護市民団体」でペットシーツを求めている

出典:http://goo.gl

動物愛護市民団体では、ペットシーツはもちろんのこと、新聞紙や園芸用の土など、私たちが普段使っているものも提供を求めています。そちらも不要な方は、寄付をしてみてはいかがでしょうか?

余命半年の子、目が見えない子…さまざまな動物たちがこの施設では暮らしています。もし、こちらの団体に寄付をしたいと思ったら、お問い合わせフォームからその旨を伝えましょう。

ピース・アニマルズ・ホームでも物資提供を募っている

出典:http://goo.gl

ピース・アニマルズ・ホームでは、年老いた犬や猫、さらに病気をわずらって寝たきりの動物たちへ、各地から支援された物資を使用しています。

亡くなってしまった愛犬・愛猫のフードなども支援を募っていますので、もしこちらもある方は、ペットシーツとあわせて物資提供を行ってみてはいかがでしょうか?施設へ直接持参するか、宅配便などで送る等で寄付ができるとされています。

動物たちの明るい未来のために物資提供をしましょう

犬も猫も、私たちと同じ「生き物」。命あるかぎり、健康的で明るく生きたいと思うのは、何も人間だけではないはず。

そんな動物たちを助けるために、あなたの手元に不要なペットシーツがあったら、今回ご紹介した団体への寄付してみてはいかがでしょうか?

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

日本が原産国⁈昭和30年代に人気だったスピッツ。その性格や特徴を知ろう!

昭和の家庭には、スピッツはとても人気の犬種でした。最近はあまり見なくなったスピッツを飼うにはどうしたらいいの…

ペットシーツデコレーションの作り方

ペットシーツは、犬が排泄したときに室内を汚れないようにする必需品。デコレーションすると、オシャレなアイテムに…

おしっこで電柱が腐食!?犬のおしっこが招く事故とは

犬のお散歩中、電柱におしっこをさせていませんか?何気なく行っているその行為も、積もり積もると大きな事故を引き…

関連するキーワード