猫のおしっこは、なんとも独特の鼻につく臭いがします。猫砂ですばやく固めても、臭いは次第にきつくなってきます。猫砂の消臭効果だけではおいつかないこともしばしば。この強烈な猫砂の臭い、なんとか消すことはできないものでしょうか。

猫は臭い動物なのか?

猫を飼っている家は独特の匂いがするのですぐわかる、といいます。それでは猫とは、臭い動物なのかというと決してそんなことはありません。猫はとても清潔好きな動物で、暇さえあれば自らの身体をなめて、きれいにしているのです。実際に鼻を近づけてみてもほとんど無臭で、犬のようなきつい体臭がありません。
それではなにが臭うのかというと、それは猫がするおしっことうんちの臭いです。これがどうにも独特な臭いで鼻につきます。猫砂で固めようが、消臭をしようが、おかまいなしに臭ってきます。とくに夏場になると、湿気混じりの熱い空気に混ざり、強烈な臭いを漂わせることになるのです。

猫砂の臭い対策、まずは掃除をまめにする

猫砂の臭い対策としてまず第一に重要なのは、掃除をまめにすることです。とにかくうんちが見えたらすぐに捨てる、1日に最低2回はおしっこの始末もしたほうが良いでしょう。まめに掃除をすることは、猫の健康にもつながります。不衛生にしていると猫が病気になるおそれがあうのです。また猫はきれい好きなのであまりにトイレが汚いとストレスを感じたり、トイレの外で用を足すようになってしまいます。そうなると、臭いどころの騒ぎではなくなってしまうでしょう。

空気そのものから臭いを消してしまう

臭いの漂う空気をそっくり入れ換えてしまうという手もあります。窓を開けるなどして、換気はまめに行いましょう。また空気清浄機を導入するのも良い手段です。とくに猫トイレのある部屋に備え付ければ、高い効果を発揮します。小さな部屋専用の手頃な空気清浄機もあるので検討してみてください。また室内用の消臭剤を使って空気から臭いを消すのも有効でしょう。

猫トイレに工夫をこらす

猫トイレをオープンなものでなく、ふたつきのものにすれば猫砂の臭いをある程度ふせぐことができます。扉つきのものであれば、さらに効果を発揮するでしょう。トイレを置く場所も工夫してみてください。なるべく来客の目につかない場所がおすすめです。家族はある程度臭いに慣れてしまっていますが、訪れてくる客は猫砂の臭いを敏感に感じ取るからです。また、人間のトイレのすぐそばに置けば、うんちをすぐにトイレに流すことも可能なので便利です。

システムトイレを導入することも臭い消しには有効です。猫が用を足す部分と、おしっこがたまる部分が分かれていて、消臭効果がとても高いからです。おしっこを吸収させるペットシートは、純正のものですと何日も使い回すようですが、安いペットシートを購入して毎日交換するほうが臭いを抑えるには有効でしょう。ただし、トイレを変えるときは注意が必要です。猫が気に入らずに使ってくれない場合があるからです。新しいトイレを導入する場合は、古いトイレと並べておいて、猫が新しい方を使ってくれるかを確認してから古いトイレを片付けてください。

猫砂用の臭い消しを使う

ジョイペットは猫砂に直接かけることができる消臭剤です。天然成分が使われているので安心感があります。およそ380回分もスプレーできるコストパフォーマンスの高い商品です。

まとめ

猫はきれい好きな動物ですが、おしっこのしみこんだ猫砂はどうしても臭ってしまいます。猫トイレに工夫をこらし、消臭剤を使うなどして来客があっても顔をしかめられないような対策をすることをおすすめします。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

天然素材を使用! サクラの香りの猫砂 10L

猫ちゃんの体にも安心な天然の木材を使用。サクラのほのかな香りでトイレをより快適空間に。

猫砂 ひのき 『 ひのきDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

天然の木の香りで消臭とリラックスこ効果も! おしっこで濡れたところが固まり、お片づけも簡単。水洗トイレに流す…

天然素材を使用したサクラの香りの猫砂 10L×5袋

桜の香りがする猫砂。また、木の成分がもつ消臭効果・抗菌作用でより快適に。10Lの大容量を5袋セットにしてお得…

関連する読みモノ

暑い夏のお散歩、気温や時間などどう対策すればいいの?

猛暑日が続く夏、大切な愛犬のお散歩はどうしてますか?お散歩は愛犬のためにとても大切ですが、気温の高い時間帯に…

ペットシーツの種類は豊富!愛犬にピッタリの便利な「ペットシーツ」の選び方

室内飼いや飼い主のライフスタイルの変化によって、「ペットシーツ」の需要が増えています。気になるペットシーツ事…

甘噛みは思わぬ危険がいっぱい!歯の生え変わり時期に犬のそばに置いてはいけないものとは…

犬は歯の生え変わり時期には甘噛みが増えます。この時期は何でも噛んでしまうので、しつけを徹底した時期です。愛犬…

関連するキーワード