猫を室内飼いにする上で、トイレは必需品ですね。猫のトイレは、システムトイレやおまる型など少しずつ多様化しています。昔からなじみのある猫砂を使用するメリットやデメリットとはなんでしょうか?その特徴を見ていきましょう。

猫のトイレに猫砂を使用するメリットとは?

猫砂は、底のある箱形の容器にある程度の深さを保つように入れて、使用します。上部にカバーがついているものもありますが、おおむねシンプルな形で、トイレ自体も猫砂もあまりコストがかからないのが特徴です。猫砂には、パルプや木、鉱物、おからなど素材の違いによって、いくつかの種類があります。猫がおしっこをした部分が固まりやすく、後始末をするのに便利で、素材によっては、猫砂ごとトイレに流すことができるものもあります。もともと猫は排泄のときに、砂かけをするという本能を持っているため、猫砂を使えば、あまり苦労することなくトイレの場所や習慣を覚えてもらえます。

猫砂にはデメリットもあることを把握しておこう

そんな猫の習性にぴったりの猫砂ですが、猫が排泄した後に一生懸命砂をかける分、砂があたりに飛び散ってしまうこともあります。特に、細かな猫砂の場合は、掃除が広範囲になってしまうかもしれません。猫砂の大きさによっては、ちょうど肉球にはさまったものが猫とともに移動し、思わぬ場所で見つかることも。長毛の猫では、おしりや尻尾にくっつけて出てしまう場合があります。また、猫のおしっこやうんちはどうしても臭いがするもの。猫はトイレの清潔を気にする性質があるので、飼い主と猫、双方の快適のためにも、排泄物はなるべく速やかに取り除くようにしましょう。

猫が好みやすく、しっかりと固まる鉱物系の猫砂

文字通りの砂の状態に近いため、猫が好むと言われているのが鉱物系の猫砂。さまざまな種類の猫砂の中でもおしっこががっしりと固まりやすく、排泄した部分を処理するのもスムーズです。LION「ニオイをとる砂」では、消臭、抗菌力を高めているため、臭いの元となる菌の繁殖を抑えてくれます。平日仕事などで長時間外出することがあっても、安心です。また、粒が細かくて粉が飛び散りやすい鉱物系のデメリットも、カバーしています。

扱いやすく、入れ替えや処理に負担が少ない紙製の猫砂

猫砂の中でも軽くて扱いやすいのが、紙を素材とするものです。猫砂が軽ければ、店舗から持ち帰るとき、また、猫のトイレに継ぎ足したり入れ替えたりするときに、重量が飼い主の負担となりません。紙製の猫砂では、おしっこの後でばらけやすいことがあるのが難点ですが、「ブルーDEサンド」なら、おしっこの後でもしっかりと固まります。濡れたところが青く変わるので、猫がおしっこをした位置を探すのも楽ですね。

まとめ

猫が慣れ親しみやすいトイレの猫砂。粒の大きさや素材の異なるさまざまな猫砂の中には、デメリットとなる飛び散りや臭いの対策に工夫がなされたものもあります。それぞれのメリット、デメリットを把握した上で、飼い猫に合った猫砂を選べるとよいですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫砂 おから 『 ワンニャン おからDEサンド 』中空タイプ トイレに流せる猫砂 7…

トイレに流せる猫砂。おからを主原材料にしているため、消臭・吸収力も抜群。7Lサイズを6袋のセットにして、お得…

猫砂 『花王 ニャンとも清潔トイレ』 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

トイレの際、飛び散らないよう大きめのチップで作られておるので、粉が舞うこともなく、お手入れの手間が省けます。…

関連する読みモノ

猫が粗相をする理由、縄張り争い?それとも?

いつもはちゃんとトイレで用を足している猫が、とつぜんトイレ以外でおしっこをすることがあります。今回は猫の粗相…

悲しすぎる!猫の前でマジックを披露した結果・・・

猫の前で得意げにマジックを披露するアメリカ人の男性。猫の態度はことごとく悲しいものでした( ;∀;)

甘えん坊で人懐っこいベンガルのしつけ方

野生的な外見に反して、性格は大人しく、温厚なベンガルです。しっかりとしたしつけでかわいさも倍増することでしょ…

関連するキーワード