猫砂の捨て方は、実はいろいろあるのです。猫砂の品質や扱いやすさに目がいきがちですが、環境やマナーのためにも「捨て方」も大切です。「え?燃えるゴミでしょ!?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回は、簡単だけどややこしい、猫砂の捨て方をご紹介します。

みんなどうしてる?猫砂の正しい捨て方とは?

インターネットの質問サイトでもよく話題にあがっているのが「猫砂の捨て方」です。

色々な答えがありますが、実をいうと「これが正解!」というのが決まっていません。

と言うのも、猫砂の素材や住んでいる地域(自治体)によって猫砂の扱い、捨て方が全然違うからなのです。また、猫のウンチ自体の扱い方も地域によって変わるので、知らないとマナー違反となって近隣の方に迷惑をかけてしまうかもしれません。臭いのあるものはどうしてもトラブルの元になりやすいので、消臭効果がある猫砂だから、と適当に捨ててしまうのもNGです。

では、具体的に扱い方がどう違うのかを紹介していきましょう。

紙系?鉱物系?猫砂の素材による違いを知ろう

猫砂は素材によって捨て方が違う場合があります。素材による違いは大きく分けると次の3パターンです。

1.トイレに流せるタイプ
2.燃えるゴミに出すタイプ
3.燃えないゴミに出すタイプ

1の「トイレに流せる」猫砂は、主に紙やおからを原料としたものが多くなっています。トイレに流す際にはあまり大量にならないように気を付けましょう。また、浄化水槽タイプのお宅では「流さない」ことが基本です。

2の「燃えるゴミに出す」猫砂は木や紙を原料とするものが多くいです。

3の「燃えないゴミに出す」猫砂に関しては、メーカー側で指定することはなく「各自治体に従って」処理することになる場合が多くなっています。

わたしの町はどうなっている?猫砂のごみ処理事情

調べてみると分かるのですが、猫砂の捨て方は自治体によって様々です。「猫砂はすべて燃えるゴミ」という地域があれば、素材によって細かく指定している地域もあります。

ちなみに同じ東京都内でも区が違えば猫砂の扱いも違いますので注意が必要です。

例を挙げてみますと、練馬区は「燃えるゴミ」、目黒区は紙やおがくず・プラスチック等は「燃えるゴミ」ですが、主成分がベンナイトの場合は「燃えないゴミ」に出します。世田谷区では猫砂は回収せず「販売店に引取を相談してください」となっています。

各自治体によって大きく違うことがわかりますね。

ぜひ一度、お住いの地域の決まりを確認してみましょう。

そもそもウンチはゴミで捨てても良い?悪い?

猫砂に関しては自治体によって大きく扱いが違っていますが、ではウンチそのものはどうすればいいのか?ということになります。

実はウンチ自体も自治体によって「トイレに流して」という地域や、「燃えるゴミに出して」という地域もあります。猫砂同様、捨てる前に確認する必要がありますね。

しかし、ウンチそのものを「ゴミ」として出せる場合でも、匂いに関しては猫砂どころではありませんので、地域の方やごみ処理をされる方に不快な思いをさせないよう、最低限のマナーは守るようにしましょう。

猫砂をゴミで捨てるときのポイントとマナー

猫砂をゴミとして出せる場合はどうやって捨てればいいのでしょうか?

猫砂はパラパラと細かいので袋の外に散らばってしまわないように注意します。また、消臭機能がついた猫砂が多いとはいえ、汚物には違いありませんから、袋を2重にするなどの対策をしても良いでしょう。

ウンチを燃えるゴミとして出せる場合は、少しでも匂いが漏れないように、消臭剤や乾燥剤を捨てる袋に一緒に入れるなどの工夫が必要です。

夏場には特に匂いが強くなりますので、ゴミとして出せる場合でもトイレに流しても良いかもしれませんね。

まとめ

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

触れても、口の中に入っても安全!プリジア スプレータイプの消臭剤 400ml

ブリジアはスプレータイプの除菌・消臭剤です。空気中に噴霧しても人やペットに触れても問題ありません。

天然素材を使用! サクラの香りの猫砂 10L

猫ちゃんの体にも安心な天然の木材を使用。サクラのほのかな香りでトイレをより快適空間に。

関連する読みモノ

猫を飼いたい、どこで出会う?里親募集、ペットショップ?

猫を飼いたい!と決めたらどこで運命の猫と出会いましょうか。里親募集に応募?ペットショップ?家族を迎えるにあた…

避妊・去勢した子用!?しっかり選びたい、猫の餌を選ぶときの5つのポイント

ドライ、ウェット、国産、オーガニック…いざ買いに行くと、種類がありすぎて迷ってしまう猫のフード選び。年齢、性…

猫の抜け毛シーズン到来!抜け毛対策と掃除方法

猫の抜け毛は服に付くと目立つし、アレルギーの原因にもなります。しっかりお掃除して、抜け毛を部屋から持ち出さな…

関連するキーワード