飼い猫のおやつや食事、どうしていますか?おやつタイムは、飼い主と猫のコミュニケーションを深める時間でもあります。ただし、栄養バランスや体重のことを考えると、食事をしっかりと食べて、おやつは少しだけ食べるというのが理想かもしれませんね。そこで、今回は食事の邪魔にならない低カロリーのおやつを3つご紹介します。

グッディーズ 猫のおやつ ササミソフトカット

お肉が大好きな猫向けのおやつです。鳥取県産の鶏ささみを国内工場で加工しており、品質の良さで人気があります。

たんぱく質は、猫の体を作ったり、体の調子を整えるのにとても重要役割を果たします。ささみはタンパク質が豊富に含まれている反面、脂質や炭水化物をほとんど含んでいません。そのため、カロリーを抑えながらもタンパク質をしっかりと摂りたい場合にささみは最適な食材と言えます。

カロリーは、100gで298kcal。1袋(25g)食べても74.5kcalと低カロリーです。歯ごたえが良く、食べ応えもあるので、満足感も得られるおやつです。

森乳サンワールド 本物Caチーズ

厳選されたナチュラルチーズが主成分の風味豊かなおやつです。吸収性の良いタンパク質とカルシウムが豊富に含まれているので、おやつでありながらもしっかりと栄養をとることができます。

100gで304kcalと低カロリーで、食塩も控えめなので安心して与えられますよね。個別包装なので、持ち運びにも便利です。他にもブロッコリーやトマトの風味が加わった商品もあります。すべて255kcal~344kcalと低カロリーなので、いろんな味を試してみてお気に入りの一品を探してみてください。

銀のスプーン® ハッピークランチ!低カロリー設計

まぐろやかつお、しらすなどの魚のうまみをギュッとつめたおやつです。カリッとした歯ごたえがある粒の中に旨みエキスがたっぷりと含まれていて、夢中になって食べる猫も多いようです。カリカリと歯ごたえもよく、良く噛むことで満足感を与えるだけでなく、歯の健康サポートにも効果的です。

カロリーは100gあたり360calで、1粒は約1kcalなので、おやつをあげる際にカロリー計算しやすいのも嬉しいですよね。ジッパーつきの袋なので、保管の際も湿気を心配する必要がありません。

低カロリーおやつを使って、おやつも食事も美味しく食べましょう!

猫の食事量は、体重1kgに対して70~80kcalと言われています。食事量が少ないと感じるときは、おやつを食べることでカロリーを摂取するのもひとつの手段です。反対に、食べ過ぎが気になるのであれば、おやつは低カロリーにすることで、摂取カロリーを抑えるようにしましょう。

おやつの食べ過ぎで、食事が食べられない。食べ過ぎになってしまう。そんな事態を避けるためにも、上手に低カロリーおやつを利用してくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

困った!犬の盗み食いをやめさせるために、こんな方法はいかが?

愛犬の盗み食い、悩んでる方もいると思います。忙しい時や留守にする場合には、きちんと対策を取る必要があります。…

今日のごはんはパスタ!愛犬用にパスタ・スパゲティを作るときの注意点は?

飼っている犬の手作りごはんには、麺類も使えます。人間の食事がパスタメニューなら愛犬のごはんにも同じパスタを使…

健康診断や血液検査も忘れずに!愛犬の健康管理について

人間と同様にペットも定期的な健康診断や検査の必要があります。自分の不調を言葉で説明出来ないペットのために、き…

関連するキーワード