愛猫が毎日口にする食事は、人間と同様、体の健康を保つ基礎。人間にとってはなんでもない食べ物が、小さな体の猫にとっては毒となることもあるのです。知らないうちに、猫の健康を損なうものを与えてしまっているかもしれません。大切な猫の健康を守るために、猫が食べては危険なものをあらためてチェックしておきましょう。

人間の食事によく使われているネギ類はネギ中毒を引き起こす

人間にとっては健康によいとされている玉ネギや長ネギ、ニラ。人間によいものだからと安易に考えて、猫に与えてはいけません。これらの中には、「アリルプロピルジスルファイド」という物質が含まれていて、猫や犬の体内に入ると、血液中の赤血球を壊してしまう作用があります。猫がネギ類の入ったものを食べると、ネギ中毒となり、溶結性貧血や血尿などの症状に現れて、死に至る危険性も生じてくるのです。

ネギや玉ねぎは、猫が積極的に欲しがるものではないかもしれませんが、人間の食事には形状を変えて日常的によく使われている食材です。ハンバーグ、シチュー、味噌汁などに調理したものは、ネギ類が入っていることを忘れてしまいがち。猫への毒性は加熱調理しても変わらないので、うっかり与えないようにしてくださいね。

気をつけたい!猫の好むタンパク質の与え方

タンパク質を主体に食べる猫ですが、そのタンパク質にも注意したい点があります。日々人間の食事を作っている人なら、肉類の中でも豚肉の加熱には気を遣っているはずです。生や加熱の不十分な豚肉には、「トキソプラズマ」という寄生虫の卵が死滅せずに残り、感染症の原因となるからです。

この卵が原因となって起こるトキソプラズマ症は人獣共通感染症なので、豚肉を猫の食事に用いる場合でも、しっかりと加熱する必要があります。仮に猫が感染した場合、排泄物を経由して、共に暮らす人間にも感染する恐れが出てきます。生や半生の豚肉は、猫にも与えないようにしてください。

また、鶏肉の骨はいかにも猫や犬の好みそうなものですが、砕くと縦に裂ける性質があり、鋭利になった部分が消化器官の粘膜を傷つける危険性があります。人間の食事で残った骨を、欲しがるからといって、猫に与えないでください。

言い伝えは本当!?危険なのはイカだけではない

猫には食べ物にまつわる言い伝えがいくつかあり、「イカを食べると腰を抜かす」というのもその1つです。迷信だと聞き流してしまいそうですが、生のイカを猫に与えてはいけないのは事実。

生のイカにはチアミナーゼという酵素が含まれていて、これはビタミンB1を分解します。猫にとって大切なビタミンB1が不足すると、食欲低下や嘔吐を招き、歩行困難とまでなることも。これが言い伝えのもととなっているわけですね。

どうしてもイカを食べさせたいなら、加熱調理すれば大丈夫です。その場合も、多すぎれば消化不良を起こすので、分量に配慮しましょう。ただ、チアミナーゼは、イカにだけ含まれているわけではありません。エビやカニの甲殻類やハマグリなどにも多く含まれているので、これらの食品にも気をつけましょう。

家族みんなで知っておきたい!チョコの危険性

人間がおやつを食べているときに猫が欲しがると、甘いものを食べる喜びをつい分け与えたくなってしまいます。ですが、人間の好むチョコレートやココアには、テオブロミンという物質が含まれています。チョコ独特の苦味の成分で、人間にとっては害になるものではありませんが、猫はこれをスムーズに分解することができません。

テオブロミンによって心臓や中枢神経がダメージを受けると、猫は嘔吐や下痢、けいれんなどの中毒症状を引き起こしてしまいます。場合によっては、命を落とすことにもなりかねないのです。ケーキやお菓子、パンなど、チョコはさまざまな食べ物に使われているので、見逃すことのないよう、家族にも周知しておきたいですね。

大切な猫の健康を守ってあげられるのは飼い主の意識

ほかにも、猫の体によくないものはあります。家庭に子猫を迎えると、牛乳を与えればよいのではと考えてしまいがちですが、牛のお乳と母猫のお乳では成分が異なります。猫は、牛乳の乳糖を分解する酵素を多く持たないので、飲むと下痢をしてしまう可能性が高いのです。人間でも乳糖不耐性といって、牛乳で下痢をする人がいますが、それと同じことです。

また、近年わかってきたことですが、ぶどうも猫や犬に中毒を起こさせる要素を持っている食べ物です。このメカニズムについてはまだはっきりと解明されていません。

猫の小さな体に影響を及ぼす食事、意外と気をつけるべき点は多いですね。人間の食事が余ったからと、それを猫のごはんにする家庭もありますが、無意識のうちに猫の健康を害してしまうこともあるのです。できることなら、猫のためにさまざまな配慮をされたキャットフードを選んであげたいですね。

まとめ

一緒に暮らす大切な猫には、できるだけ元気でいてもらいたいもの。飼い猫は、自分で食事の内容を決めることができません。猫が口にする食べ物には、飼い主が気をつけてあげるしかないのです。猫にとって安心安全な食生活を守ってあげましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

天然素材を使用したサクラの香りの猫砂 10L×5袋

桜の香りがする猫砂。また、木の成分がもつ消臭効果・抗菌作用でより快適に。10Lの大容量を5袋セットにしてお得…

関連する読みモノ

愛らしさ満点の組み合わせ!愛猫と赤ちゃんが一緒に生活する時に気をつけたいこと

猫と赤ちゃんの組合せは見ていて癒やされますが、安全に十分配慮しないと事故が起こります。同居する上で気をつける…

ペットシーツで分かる猫の体調について

ねこちゃんの体調管理は飼い主のつとめ。そこで今回、ペットシーツから分かる猫の不調についてご紹介します。健やか…

猫に嫌がられずに爪切りしてあげたい!話題の爪切りグッズを活用しましょう

猫のお世話の3大試練は、爪切り、シャンプー、動物病院です。特に爪切りは日々のことなので大変です。猫に嫌がられ…

関連するキーワード