ペットショップの猫トイレコーナーには、様々な素材のトイレ砂が並んでいます。鉱物、紙、木、おから、シリカゲル……。素材によって違いがあるの? うちの猫には合っている砂はどれだろう? などお悩みの方のために、猫砂の特徴と長所短所についてまとめました。

「鉱物」系は安価で自然の砂に近いが重い

ベントナイトという鉱物が材料です。砂というよりは砂利に近い形状をしています。

<長所>
・なんといっても価格が安い。多頭飼い家庭には切実な問題です。
・自然界の砂と近い形状なので、好き嫌いの激しい猫でも受け入れやすい。

<短所>
・ずばり、重い。粉砕した鉱物なので普通に砂袋を担ぐのと同じ重さです。
・トイレに砂を入れるときに細かく砕けた粉が舞うので、呼吸器系の弱いひとにはつらいかもしれません。人間よりずっとトイレに近い位置で呼吸をする猫が粉を吸い込んでしまわないかも心配です。

トイレに流すと確実に詰まるので絶対に流さないでください。ベントナイトは燃やせるので可燃ゴミとして回収日に捨てるのが一般的ですが、自治体によりルールは異なるので、あらかじめ地域の役所に確認しておけば安心です。

[鉱物系]ペットキレイ ニオイをとる砂/ライオン

「紙」系は扱いやすく吸水性がよいが飛び散りやすい

紙で作られているので、軽くて持ち運びが楽なのが特徴です。

<長所>
・鉱物系の次に安価で購入できます。
・紙なので吸水性に優れている。
・尿の色がわかりやすく健康チェックが楽。普段より濃い薄い、血尿などにも気付きやすい。

<短所>
・軽いので、猫がトイレに出入りする際や砂をかくときに飛び散りやすい。粒が大きいタイプだと、猫がおもちゃだと思って遊んでしまいあたりの床が砂だらけ……という事態もありえます。
ただしこれは屋根付きのトイレを使用することでかなり軽減されます。

紙なので可燃ゴミとして捨てることができます。水洗トイレに流せると謳われたものも多いですが、万一のトイレ詰まりを考えると、とくに多頭飼いの家庭ではまとめて回収に出すのが無難でしょう。

抗菌消臭効果に期待!食べても大丈夫な物もある「木・おから」系

木製はひのきなどの針葉樹を原料にしています。鉱物砂よりは軽いですが紙砂よりは重みがあるので、飛び散りがすくないです。
尿を吸って固まるタイプと粉状になるタイプがあり、粉になる物はシステムトイレに使われます。使うトイレのタイプに合わせて選んでください。

<長所>
・抗菌消臭効果に優れています。
・おから砂は万一猫が食べてしまっても安全。

<短所>
・吸水時の凝固が、他タイプと比べてやや弱い。
・木やおからの香りを猫が嫌がる場合があります。

こちらも「水洗トイレに流せる」タイプの物が多くありますが、やはりできることなら可燃ゴミとして捨てたほうがいいでしょう。トイレに流す場合は必ず「流せる」と明記してある物だけにしてください。

人間がどんなに考えても結局は猫の気持ちで決まる

砂選びは、まずは環境から考えましょう。2階に猫トイレを設置している家庭なら、重い鉱物系は除外したほうがいいかもしれません。仔猫やいたずら好きの猫なら、遊び道具になる可能性の高い大きな粒は避けたほうが無難でしょう。
しかし飼い主があれこれ考えても、結局は猫の好みで決まります。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

天然素材を使用! サクラの香りの猫砂 10L

猫ちゃんの体にも安心な天然の木材を使用。サクラのほのかな香りでトイレをより快適空間に。

天然素材を使用したサクラの香りの猫砂 10L×5袋

桜の香りがする猫砂。また、木の成分がもつ消臭効果・抗菌作用でより快適に。10Lの大容量を5袋セットにしてお得…

関連する読みモノ

猫にもある認知症、知っておきたい症状と治療法をしっかり学んでおきましょう

「猫の認知症」についてどの程度ご存知ですか?高齢猫が増えたことで身近になった猫の認知症について、しっかり学ん…

愛猫が好きなこと・嫌いなことを覚えよう!猫との正しい信頼関係の作り方

猫を飼ったらどのように接すればいいのでしょうか?今回は猫との信頼関係の作り方をご紹介します。

再利用できるタイプの猫砂にはどんなものがある?

猫のトイレのための必需品である猫砂。猫砂を再利用できる場合、できない場合をまとめます。数回洗って使えるゼオラ…

関連するキーワード