犬と猫を両方一緒に飼っている家庭では、犬が猫のフードを食べちゃった…なんてうっかりもあるもの。でも、食べてしまって大丈夫か心配な人も多いはず。今回は食べてしまった時の対処法をご紹介します。ワンちゃんの健康にも関わることなので、最後まで読んでみてくださいね。

健康に害はないものの、常食はよくありません

最近は犬と猫、両方飼っている人が増えていますよね。お互いがじゃれ合って遊んでいると、見ているだけで気持ちがなごむもの。でも、用意しておいたキャットフードをワンちゃんが食べてしまうなんてトラブルも結構あります。

猫用の食べ物であっても、愛犬が食べても健康に大きな害はないそうです。しかし、犬は雑食、猫は肉食なので、もともと必要な栄養が異なります。キャットフードを食べても大きな害はないからと、愛犬に常食させ続けるのはよくないことなのでご注意を。

キャットフードをワンちゃんが摂り続けると、高血圧や肝臓病にかかる率が高くなるそうです。健康的に生活させたいなら、きちんと犬用の食べ物を与えましょう。

動物病院を受診する時、食べたフードを持っていこう

キャットフードを食べた後、ワンちゃんの元気がないなら動物病院に連れて行きましょう。もともと猫用の食べ物は塩分が高く、味付けもしっかりしたものが多くなっています。普段と違う物を食べたことで、食あたりを起こしていることが考えられます。

また、受診する際には、念のため食べてしまったキャットフードを持っていくことをおすすめします。何を食べたか具体的に分かると、お医者さんも対処がしやすいことから的確な診断を受けることができます。

キャットフードを誤ってあげないようにするには…

猫用の食べ物を愛犬に与えることが良くないとおわかり頂けましたでしょうか?しかし、猫ちゃんとワンちゃんを一緒に飼っていると、愛犬がキャットフードを誤って食べてしまう可能性はあるので、気をつけなければなりません。

これを防ぐためには、猫用と犬用のフードを同時にあげないことが大切になってきます。愛猫がご飯を食べているところを、飼い主であるあなたが見ていられる時間を作るようにしましょう。もし、ワンちゃんがキャットフードを食べようとしていたら、すぐさま止めましょう。1回ではなかなか治らないので、根気強く見張ることが大切です。

ワンちゃんにはきちんとドッグフードを与えましょう

キャットフードを間違えて食べ続けると、病気のリスクが高まることなどをご紹介しました。ペットの健康管理は飼い主の大切なお仕事です。ワンちゃんにはワンちゃんに合ったご飯をきちんと与えることが、健やかな毎日を送るコツだと心得ましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

におわないペットシーツ処理機本体+専用カセット4個付きスペシャルセット

気になるペットシーツの処理に。 ペットシーツ処理器『デオポット』 本体と専用カセット4個ついたお得なセットで…

カリッとした触感がいいさつまいもチップス 40g

ワンちゃんも納得するおいしいさつまいもチップスが完成しました!栄養もしっかりある素材が入っているので健康にも…

シリーズ最軽量の軽さ!コムペット ミリミリ 小型犬用キャリーカート

コムペットのミリミリライトはベビーカーの技術とノウハウを活かした快適ペットカートです。小型犬のお出かけ、お散…

関連する読みモノ

素材別に知る猫砂の特徴(パルプ)

多くの種類がある猫砂ですが、一体どれが一番いいのでしょうか?今回はパルプ・紙を原料とした猫砂のメリット・デメ…

意外と痛い!甘噛みを始めた犬にはどんなしつけと注意が適切なのか?

大切な家具が台無しになったり、いろいろ困ることの多い愛犬の甘噛み。成長過程では必ずあるものですが、甘噛みの時…

愛犬の気になる行動しぐさの一つマウンティングってどんな意味があるの!?

犬の行動で気になる行動のマウンティング。愛犬はマウンティングしていませんか?この行動にはいろいろな犬の感情が…

関連するキーワード