つい買ってしまいがちな大容量のドッグフード。動物性の脂肪をたくさん含んでいるため、一度開封すると賞味期限内であっても酸化して悪くなってしまうことが多くあります。
ドッグフードは正しく保存をすると、長持ちさせることが可能です。今回はその方法をいくつかご紹介しますので、参考にしてください。

愛犬の一日のエネルギーになるドッグフードですが、それが入っている袋を、開けっぱなしにしていませんか?ドッグフードは袋をしっかり閉じていないと、酸化しておいしくなくなります。さらに時間が経って固くなると、ワンちゃんが食事を拒否する原因にもなりかねません。
それを防ぐためには、しっかり密封することが必要です。チャックのついている袋ならそのまま口を閉じればいいですが、そうでないなら袋止めクリップを使用することをおすすめします。

温度が低く直射日光が当たらない場所に保存する

皆さん、ドッグフードを窓の近くに置いていませんか?温度が高くなりやすい場所に放置しておくと、日中熱くなってドッグフードに悪影響を与えることがあるので気をつけましょう。
また、湿気が高い場所もドッグフードの保存場所には向いていません。特に梅雨の時期はジメジメしやすく、気付いたらカビが生えていた、というケースも少なくないそうです。
ですので、ドッグフードを置いておくなら、直射日光が当たらず、かつ湿気の低いところを選びましょう。どこでもいいからとりあえず置いておこう、というのだけは避けてください。

フードストッカーに入れて保存するのもいい

ドッグフードはできるだけ短期間で消費しましょう。なぜならば、私たち人間の食べ物と同じく、賞味期限があるからです。パッケージを見ると実際いつまでなら食べられるかが明記されているので、気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか?
しかし、中には買い置きして少し長めにドッグフードを保管しておきたい人もいるはず。ドッグフードの賞味期限は未開封の場合を指しています。ですので、開封してしまうと表示されている賞味期限より早く消費しなくてはなりません。その場合、普通の保存以外の方法を考える必要があります。
そんな時は、フードストッカーを使ってみてはいかがでしょうか?梅雨対策のもの、容器のサイズが大きいものなど、さまざまなものが売られています。気になる方は一度チェックしてみましょう。

カラーバリエーション豊富なフードストッカーはいかが?

先ほどフードストッカーの話をしましたが、実際に買おうかな?と思った人もいることでしょう。そこで、ここではおすすめの商品をご紹介したいと思います。
ペットフードカンパニーから発売されているフードストッカーは、2キログラムとかなり大容量のペットフードを保管できます。色もピンク、グリーン、イエローとカラフルなものばかり。お家のインテリアにあわせて選べるところがポイントです。
まとめて収納しやすく、湿度が高くなりがちな梅雨の時期にも重宝するはず。価格もお手頃な商品です。

フードストッカーと合わせて除湿剤を使おう

フードストッカーだけでもある程度、品質を保つことができますが、それでも心配な人はいると思います。そういう人は、除湿剤を使ってみてはいかがでしょうか?ドッグフードをより長持ちさせることができる上、味や風味をある程度落とさずに済むはずです。
リッチェルから販売されている除湿剤は、ドッグフードだけでなくキャットフードにも使えます。雨が多くて湿気りそうなとき、きっと役に立つと思いますよ。ワンちゃんの食事の楽しみを奪いたくない人は使ってみてはいかがでしょうか?

ちゃんとした保存法でドッグフードを守っていこう

ドッグフードはきちんと保存することで、テイストを損なわずワンちゃんがおいしく食べられます。ですが、あまりに買いすぎてしまうのも考えもの。愛犬においしい食事をさせるために、まずは短い期間で食べきれる量を購入するようにしてはいかがでしょうか?

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

素材別に知る猫砂の特徴(ひのき)

猫砂にはたくさんの種類があって、意外と迷ってしまいますよね。今回は〈ひのき〉などの木を原料とした猫砂のメリッ…

こうすればいいのか!トイレトレーニングに困ったら見るべき動画3選

犬を飼ったときに何としてもしつけたいのがトイレトレーニングです。でも実際に行うとうまくいかない場合もあります…

はじめて猫を飼う人におすすめの猫5選!

初めて飼う人に!おすすめの猫についてまとめました。初めて猫を飼いたいという方に必見の人気の種類を厳選してご紹…

関連するキーワード