便利なおしっこ用のペットシーツですが、ワンちゃんが遊びに使ってしまうことがあります。びりびりに破いてしまうと、最悪、誤食する可能性だってあるもの。

もしも誤食をしてしまった場合どうなってしまうのか?また、どんなふうに対処するのがいいいのかなどをご説明します。

誤食をすると体を壊すことになりかねません

香り付きのものや、吸水性の高い物など、今やたくさんの種類が開発・販売されているペットシーツ。これを誤食すると、胃腸を詰まらせてしまうそうです。

特に気をつけなくてはならないケースとして、大きな破片を飲み込んでしまった場合が挙げられます。細かくしたものを飲み込むよりも喉に詰まりやすいため、呼吸が苦しくなってしまうワンちゃんもいるみたいです。

退屈するとペットシーツをおもちゃにする癖がある子は誤って食べてしまうことが多いもの。破いたペットシーツがちょっと少ないな…と思ったら食べてしまった可能性は高いと考えてください。

好奇心旺盛なワンちゃんほど誤食しやすいんです

誤食をしやすいワンちゃんの特徴として、好奇心旺盛な子が多いそうです。ゴールデンレトリバーやラブラドールはその傾向が強いとのこと。他にも、チワワやダックスフンドなどの小型犬も誤食の危険性が高いそうです。

一度、誤食をしたワンちゃんは、きちんとしつけないとまた同じことを繰り返しやすくなります。ダメなことはダメと教えることで、ペットシーツを誤って食べることを防げるはず。

ペットシーツは種類が豊富ですね!愛犬にぴったりなシーツの選び方を知りたい方はこちら!

こんな症状が出たら誤って食べた可能性がある

では、もし誤食をしたとき、どんな症状が起きやすいかをご説明します。普段よりも食欲がない、何度も吐いているなどの場合、ペットシーツを誤って食べてしまった可能性があります。

他にも、下痢っぽい、便の中におかしな物が混じっているなどの場合は誤食を疑ってみましょう。呼吸が苦しそうなときも注意が必要です。

この状態を放置しておくと腸閉塞になってしまったり、最悪の場合命に関わることもあります。ペットシーツを食べたかも…と思ったとき、これらの症状が見られたら異常がないか確認しましょう。

誤食をしたらすぐに動物病院へ連れて行こう

もし、ペットシーツを誤って食べたなら、動物病院の早期受診が必要です。獣医師にペットシーツを内視鏡などで取り出してもらうなどの処置が必要かもしれません。

素人判断でワンちゃんの背中を叩いたり、無理矢理吐かせようとしてはいけません。ますます苦しくなって症状が悪化することがあります。まずは専門家のもとへ行くことを考えてください。

あまりにも症状がひどかったり、開腹手術が必要な場合は、入院が必要になるそうです。ペットシーツにかかわらず、誤食の治療費は多いと9万円近くになるケースもあります。お金の準備も忘れないようにしましょう。

ペットシーツを食べないようにする方法は?

ペットシーツを食べないようにする工夫として、まず見張っていることが効果的です。目の前で食べそうになったときにしつけをすれば、再発を防ぐ可能性が上がります。

いつもより一人でいることが多く、ワンちゃんのストレスが溜まっている時は、ペットシーツを破きやすくなることもあるそうです。できるだけ愛犬と遊んであげるなどして、イライラを取り除いてあげましょう。

他にも、お腹がすいているとペットシーツを食べてしまう子がいます。空腹にさせないように、しっかりご飯をあげることも大切です。

ワンちゃんの健康を守ってあげられるのはあなたです

ペットシーツを食べてしまったときに起こりえる症状や、そのときの対処法をお伝えしました。誤って食べてしまうことは、注意深く観察などをすることで防止できるはず。今回ご紹介した内容をもとに、家族の一員であるワンちゃんの健康を守っていきましょう。

おすすめのペットシートはこちら!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

におわないペットシーツ処理機本体+専用カセット4個付きスペシャルセット

気になるペットシーツの処理に。 ペットシーツ処理器『デオポット』 本体と専用カセット4個ついたお得なセットで…

シリーズ最軽量の3.9kg!コムペット ミリミリライトプラス

コムペット ミリミリライトプラスは前方1か所だったメッシュエリアを後方へもプラスし、使いやすさはそのままに、…

関連する読みモノ

愛犬と一緒に寝る飼い主さんはどれくらい!?愛犬との寝方良い悪いをチェック!

愛犬と一緒に寝る飼い主さんは結構多いですね。愛犬と寝ても大丈夫なのでしょうか?

血便が出ることもある!散歩中気をつけたい、犬の周りの危険な植物

草や花がきれいな季節はお散歩も気持ちいいものです。ところが、犬には危険な植物もあります。犬が食べると場合によ…

大切なのは声のトーン!飼い主が心がけるべき正しい犬の叱り方

犬のしつけにも、正しい叱り方というものがあります。

関連するキーワード