猫は体臭のすくない動物だと言われる一方、おしっこの臭いのキツさも有名です。片付けやすく消臭効果もあるペットシーツや猫砂の上でしてくれれば問題はないのですが、それ以外の場所に粗相してしまったら……。
猫の粗相を消臭除菌する方法をご紹介します。

[拭く]おしっこの水分を拭き取る→熱湯拭き

粗相を現行犯で見つけても、排尿の最中に大きな声で叱りしかりつけたりしないでください。次からは隠れてするようになります。粗相したおしっこを拭いたティッシュを猫トイレに置いて、それを猫に確認させてください。そして粗相した場所はすみやかに片付け臭いを残さない。これが肝心です。

乾いた古布や新聞紙などを使っておしっこを染み込ませます。古布は使い捨てにしましょう。とにかくおしっこをできるだけしっかりと拭き取るのが第一段階です。ここが適当だと臭いはいつまでも残ります。

その後、靴やカーテン、畳やカーペットなど、かけられそうな場所には水……できれば熱湯をかけてみてください。これだけで臭いはずいぶん薄れるはずです。
飛び散りヤケドなどに充分注意して行ってください。すぐだと熱いのですぐに冷ましてから、最初と同じように古布などに染み込ませて拭き取ります。

[中和]猫のおしっこ(アルカリ性)には、酸性が効く

おしっこを拭き取り、水拭きや熱湯拭きをしても、臭いは完全には取れません。
おしっこの臭い成分を中和してやる必要があります。
猫のおしっこはアルカリ性なので、酸性で中和させます。

・クエン酸
掃除用にクエン酸を常備している家庭は多いのではないでしょうか。このクエン酸は猫のおしっこ臭を取るのにも使えます。
水に濃いめに溶かしたクエン酸をスプレーでたっぷりと吹きかけて、きれいに拭き取ってください。

・ミョウバン水
ミョウバンを水に溶かした「ミョウバン水」は、人間の汗の臭いを取ることで有名ですが、ミョウバン水は酸性なので猫のおしっこ臭にも有効です。
ミョウバン水を入れたスプレーを常備しておけば、猫の粗相にも人間の汗臭対策にも使えて便利です。

・酢
クエン酸もミョウバンもなければ、薄めたお酢でも効果はあります。

[微生物]強力な消臭効果ある「バイオミックス」

環境ショップ「コヒタセロイ」が販売している「バイオミックス」は、微生物の力で臭い成分を分解、消臭します。生ゴミやカビ、排水口の悪臭やタバコ臭など家庭の臭いを強力に消臭するほか、ペットの臭いやおしっこ臭を消すのにも優秀だとネットで評判が広がりました。

バイオミックスは納豆菌バチルスから作られており、このバチルスは納豆ゆ味噌のなかにも存在しているので、人体も動物にも害がありません。小さい子どもやペットのいる家庭でも安心して使えます。

液体タイプと粉末タイプがあります。粉末タイプは水に溶かす手間がかかりますが、粉末のまま部屋の隅に置くなどして部屋全体の消臭もできるので、買うなら粉末がオススメです。

水に溶かして1日置いたバイオミックスをスプレーボトルに入れて、クエン酸水やミョウバン水と同じように使用します。

[洗濯]布物はひと手間かけてから洗濯しよう

洋服や靴、シーツやカーテンなど洗濯できるのは洗ってしまうのが一番です。
ただし完全に臭いを落とすために、洗濯前にひと手間かけてください。
カーペットや畳と同じく古布などに染み込ませておしっこをできるだけ取ってから、下記の手順を行います。

1.おしっこがかけられた部分に酸素系漂白剤を塗り込む。色落ちに注意。

2.酸素系漂白剤をぬるま湯に溶かし、漬けこむ。色落ちや傷み注意しながら、2時間くらいは漬けてください。

その後、普通に洗濯します。
他の洗濯物とは分けて、被害にあった物だけで洗ったほうがいいでしょう。

色落ちや生地の傷みを避けたい場合は、酸素系漂白剤ではなく重曹を使用しましょう。この場合は、漬け置きではなくたっぷりと重曹を入れたぬるま湯で手洗いします。

[対策]粗相の原因を取り除くのが、一番手っ取り早い

最後に、粗相の防止について考えましょう。

なぜ粗相してしまったのか。
・遊びに夢中になっていて、トイレに向かったものの間に合わなかった
・粗相をした場所に、何か嗅ぎなれない臭いがあって不安や嫌悪を感じた
・ストレスが溜まっていた
・発情期のスプレー行動
・体調不良

トイレ本体や猫砂を新しいタイプに変えた直後なども、粗相をする可能性は高いです。
不満や不安を抱えているようなら、遊びの時間やスキンシップを増やしてストレスを取り除いてやりましょう。

もっとも心配しなくてはいけないのが、体調不良です。泌尿器や腎臓に問題があってトイレが近くなり、間に合わなかった場合もあります。猫の様子を見て、必要を感じたら受診しましょう。

粗相をしない環境を整えてやるのが、人間にとっても猫にとっても最善です。

粗相の始末は迅速に、対策は日頃から

おしっこが染み込まないうちに拭き取り、中和させ臭い成分を分解することが、臭いを残さない唯一の方法です。
また、粗相の被害が大きくならないように「畳の部屋には猫を入れない」「布団を敷きっぱなしにしない」「脱いだ洋服やバッグを床に置かない」などの日頃の対策も大切です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫ちゃんも快適!猫壱 ポータブル キャリー

猫ちゃんとお出かけするときはストレスを与えないようなキャリーが欲しいですよね!そんな時猫一のポータブルキャリ…

猫砂 『花王 ニャンとも清潔トイレ』 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

トイレの際、飛び散らないよう大きめのチップで作られておるので、粉が舞うこともなく、お手入れの手間が省けます。…

驚きの消臭力!強い吸収力!おからDEサンド

猫ちゃんが猫砂を食べてしまうのをやめてくれない!そのままでは猫ちゃんの腎臓が悪くなってしまう可能性があるかも…

関連する読みモノ

猫のトイレ選びに見るべきポイントとおすすめのトイレ3選

猫のトイレ選びに見るべきポイントと商品のご紹介をします。愛猫の性格や飼い主の利便性、そしてコストを考慮し、最…

愛猫の様子がいつもと違う!病気?不調?気になるよくある症状5つ

猫は言葉で病気や不調を訴えられません。その上、猫は不調を我慢して表に出さない動物だと言われています。猫の健康…

どう違う?犬用と猫用ペットシーツについて

ペットシーツには、犬用猫用共用などの種類があります。シーツを使う上で、種類に違いはあるのだろうか、と疑問を感…

関連するキーワード

ねむこ

猫飼い歴=ほぼ年齢。
現在は2匹のおばあちゃん猫(not姉妹)と暮しています。
めざせ20歳!




ペットシーツ特集