猫のおしっこを誰でも簡単に採尿できる、上手な方法をまとめて紹介!

猫は他の動物に比べて膀胱炎や尿結石といった尿路疾患系の病気がとても多い動物です。そのため、健康維持のために尿検査が欠かせません。ここでは手軽に猫のおしっこを採取する方法から、神経質な猫でも上手くおしっこを採取する方法まで、採尿のコツをご紹介しています。是非参考にしてみて下さい。

手軽に猫のおしっこを採取できるウロ・キャッチャー

猫の採尿方法で最もオススメなのが、ウロ・キャッチャーと呼ばれるスティックの先端にスポンジが付いている器具を使用する方法です。スポンジの部分におしっこを染み込ませて病院に持ちこむだけで検査をすることができます。
具体的な使い方は、猫がおしっこをはじめたら後ろからそっとウロ・キャッチャーで受けて、スポンジに染み込ませるだけで手軽におしっこを採取することができます。一瞬で採尿が終わるため猫にストレスもかかりません。頻繁な採尿が必要な猫でも、ウロ・キャッチャーを使えば飼い主さんも苦になりません。ウロ・キャッチャーは動物病院で販売していますが、通販で購入することもできます。ある程度ストックしておくととても便利です。猫の採尿にはオススメの器具ですので是非試してみて下さい。

神経質な猫には採尿シートで採取するのがオススメ

猫のおしっこを採取する際に、排尿のタイミングがわかりにくかったり、先ほどご紹介したウロ・キャッチャーを背後から使用すると嫌がったりして上手に採尿ができないといったことがあるかもしれません。そんな方にオススメの方法が、採尿シートを使用する方法です。使い方は、猫砂の上に採尿シートを敷いておくだけ。猫がおしっこをしたら、採尿シートを絞っておしっこを採取します。猫の排尿をずっと見ている必要が無く、猫にストレスを与えることが無いのがメリットです。おしっこをするまえに猫砂を掘ったりする猫や、シートがずれてしまって上手くおしっこが取れないといったデメリットはありますが、忙しくて猫をずっと見ていられない方や、神経質な猫の採尿にはオススメの方法です。

高機能なシステムトイレなら採尿も簡単

近年猫の飼い主さんから人気が高まりつつあるシステムトイレも、猫のおしっこを採取するには便利です。システムトイレとは、吸水せずにおしっこやうんちのニオイを吸収するチップと呼ばれる猫砂と、チップを通過したおしっこを吸水するマット、その下にトレーがある三段構成のトイレのことです。ニオイが部屋に充満することも無く清潔であるため、猫も飼い主さんも快適なアイテムです。採尿する際には、このマットの部分を取り外してトレーに溜まったおしっこを病院で受け取ったスポイトや、先ほどご紹介したウロ・キャッチャーで採取すればよいだけです。採尿シートを使用するのも良いですが、絞る手間が省けるため、こちらの方が簡単です。猫も普段と変わらない環境でおしっこをできますし、飼い主さんも時間や手間がかかららない点が優れています。頻繁な採尿が必要な方は、是非システムトイレの導入も検討してみて下さい。

いかがでしたか。猫は一度尿路疾患系の病気になってしまうと長い間苦しむことになりますし、場合によっては命にかかわることもあります。薬の服用や食事制限も必要となります。可愛い愛猫のためにも是非上手な採尿方法を覚えて、きちんと検査してあげて下さい。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

触れても、口の中に入っても安全!プリジア スプレータイプの消臭剤 400ml

ブリジアはスプレータイプの除菌・消臭剤です。空気中に噴霧しても人やペットに触れても問題ありません。

これで安心!花王 ニャンとも 清潔トイレ 脱臭・抗菌マット 6枚入

サッと吸収してくれるので脱臭・抗菌効果が抜群です!針葉樹の木材が主成分だから環境と愛猫にも優しい!

猫砂 ひのき 『 ひのきDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

天然の木の香りで消臭とリラックスこ効果も! おしっこで濡れたところが固まり、お片づけも簡単。水洗トイレに流す…

関連する読みモノ

猫も好きな飲み物というイメージの強い「牛乳」、実は健康に悪い?

猫が好きな飲み物というイメージの強い「牛乳」。牛乳が好きな猫も多いです。しかし人間がいつも飲んでいる牛乳は、…

注意したい「猫フィラリア」、猫用蚊取り線香などの猫の虫よけ対策と虫よけグッズ

夏に注意したいのが虫によるトラブル。特に蚊による被害は思わぬ病気の原因になることもあります。今回は「猫フィラ…

洗えるペットシーツ5選

洗うことによって何度も使用でき、耐久力のあるペットシーツについてご紹介します。デザインや性能について各種優れ…

関連するキーワード