掃除機につけるだけ。猫の尿も吸える新クリーナー「switle」

コーヒー、牛乳、猫の尿も!?湿った汚れは「switle」にお任せ

「愛猫がカーペットの上で粗相をしてしまった」「絨毯の上に吐き出した毛玉がベッタリ…」こんな経験はありませんか?ラグやカーペットなどの敷物に水気のある汚れがつくとお掃除が大変な上、尿などの場合は衛生面でも不安が残ります。だからと言って、家じゅうの敷物を撤去するのも難しい…。そうした悩みを解決してくれるクリーナー「switle(スイトル)」についてご紹介します。

敷物が汚れた場合の従来のお掃除方法

猫ちゃんのいるご家庭の場合、例えば「トイレ以外で排尿してしまう」「排便に失敗したときお尻を床に擦りつける」「毛玉などの嘔吐」といった汚れが考えられます。
このような汚れは、できるだけ早くしっかりと洗いたいですね。しかし絞った布や古ハブラシなどによるお掃除では、きちんと汚れが落ちたかどうか今一つ不安です。
素材によっては洗濯機や手洗いなど家庭で丸洗い可能なものもありますが、汚す度に丸洗いするのはとても大変。更に乾燥が不十分なまま取り込んでしまうと、雑菌が繁殖して嫌なにおいを発することも…。
switleは、ご家庭で普段使っている掃除機に取り付けるだけで敷物の「部分洗い」ができる画期的なアイテムなのです。

「switle」のここがすごい

switleは、キャニスター型掃除機(本体からホースが伸びている形のもの)に接続するタイプのクリーナーです。その使い方はとてもシンプル。まずはタンクに水を入れ、次に専用のホースを使ってお手持ちの掃除機と繋ぎます。下準備はたったこれだけ!後は普段のお掃除と同じ要領で、掃除機のスイッチを入れると水の噴射と共に汚れの吸引が始まり、簡単に「部分洗い」ができてしまうのです。
吸い取った汚れはswitle内部で汚水と空気に分離されるため、掃除機の内部に水が入り込んでしまうことはありません。ホースにも水の流入を防ぐ安全装置がついているほか、汚水がたまるタンクは丸洗いが可能となっています。そのため常に清潔に、安心して使うことができます。

頑固な汚れには、洗剤+「switle」ですすぎ

飼い主さんがお茶をこぼしてしまった時などは水洗いでもOKですが、愛猫の尿などによる汚れの場合、水で洗うだけでは少し不安が残るかも知れません。そんな時は、あらかじめ洗剤を使ってこすり洗いをしてからswitleを使ってみてください。水の噴射によってしっかりと洗剤を落としつつ水気を吸い取ってくれます。洗濯でいう「すすぎ」と「脱水」、二つの役割を同時に果たしてくれるということですね。なお、洗剤や漂白剤を使用する際は洗濯表示を確かめた上、目立たない場所で試してから行うようにするとトラブルを防ぐことができますよ。
また、ウイルスや菌を除菌してくれる「除菌水の素」も併せて発売予定です。タンクの水に混ぜてから使えば、汚れと共ににおいの発生の原因となる雑菌まで取り除けます。猫ちゃんのいるお家にはぴったりですね。

switleがあれば、愛猫の粗相による困った汚れもきれいに落とすことができますね。今まで簡単なお掃除のみで諦めていたという方も、もっと快適に愛猫との生活を送ることができそうです。そんなswitleは、2017年春に発売予定。ぜひチェックしてみてくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

驚きの消臭力!強い吸収力!おからDEサンド

猫ちゃんが猫砂を食べてしまうのをやめてくれない!そのままでは猫ちゃんの腎臓が悪くなってしまう可能性があるかも…

猫砂 ひのき 『 ひのきDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

天然の木の香りで消臭とリラックスこ効果も! おしっこで濡れたところが固まり、お片づけも簡単。水洗トイレに流す…

天然素材を使用したサクラの香りの猫砂 10L×5袋

桜の香りがする猫砂。また、木の成分がもつ消臭効果・抗菌作用でより快適に。10Lの大容量を5袋セットにしてお得…

関連する読みモノ

費用ってどれくらい!?愛猫の通院前に知りたい動物病院のコスト

猫との生活には欠かせない動物病院。費用はもちろん知らないことだらけです。知っておくと便利な情報や豆知識をご紹…

ペットを飼って最も実感するのは「癒し」!犬猫飼育実態調査から分かること

ペットを飼う人は増えていますが、多くの人が共通して実感してするのが「癒し」であることが分かりました。ペットフ…

ストレスに早く気づくために!ヒゲとしぐさで読み取る猫の気持ち

猫のしぐさやヒゲの動きをよく観察していると、猫の気持ちがわかることがあります。猫がストレスや不満を感じている…

関連するキーワード