雄犬が足をあげておしっこをするのには理由があった!

雄犬はどうして足をあげておしっこをするのか知っていますか?

雄犬はおしっこをするときに片足を高くあげますよね。このポーズはたまに雌犬もすることがありますが、人間はもちろん、他の動物ではなかなかないこのポーズには、犬の習性が大きく関わっています。どのような理由があってあのポーズをしているのか、気になりませんか?

存在を他の犬にアピールするために片足をあげる?

犬の尿や糞には、フェロモンが含まれています。犬はこのフェロモンの匂いをメッセージとして他の犬に伝え、自分の存在をアピールしているのです。つまり、他の犬に対し、自分がそこにいることや、自分はこんな犬だということを伝えているのです。
より高い位置におしっこをかけようと、ジャンプしておしっこをする姿を見たことがありませんか?これは、できるだけ高い位置でおしっこをすることで、ライバル犬に自分は大きいんだ、強いんだということをアピールしているのです。
高い位置におしっこをかけるためには、後ろ足を片方上げた方が効率的ですよね。中には逆立ちになるほど跳ね上がっておしっこをする犬もいるほどです。そうした縄張り意識は、雌よりも雄の方が強いといわれており、片足をあげておしっこをするのが雄犬に多いのはそのためです。

自分の縄張りを主張するために片足をあげている

犬は縄張りをもつ習性があります。縄張りとは、動物が他の個体やグループを目印や信号などで避けて占有している場所のことです。犬の場合、住んでいる場所から散歩で通る範囲を自分の縄張りとします。縄張りの範囲には、数カ所に自分のおしっこをかけ、自分のものであると主張しているのです。
特に初めて行った場所や、久しぶりに行った場所では高い頻度で縄張りを主張するために、マーキングを行うことも分かっています。犬は他の動物と比較すると、縄張り意識が強い傾向にあるため、無駄吠えやマーキングを盛んに行うこともあります。足をあげておしっこをするのは、自分のテリトリーを確立したいという本能に基づく行為といえるでしょう。

衛生管理と感情を鎮めるために片足をあげている

オス犬のペニスは、解剖学的にみると、前方向きにむかってついています。そのため、足を上げずにおしっこをしてしまうと、胸におしっこがかかってしまいます。片足をあげて下半身を少しねじってから排尿すると、自分の体を汚さずにおしっこをすることができるため、本能に基づいた行為といえますね。
また、片足をあげておしっこをする行為には、鎮静作用もあると考えられています。犬が高まった感情を鎮めるためには、カーミングシグナルと呼ばれる行動をとるのですが、この中の1つにおしっこをすることが含まれています。緊張感が高まると、突然足を上げておしっこをしたり、足をあげておしっこをする真似をしたりし、気持ちを静めるのです。

犬が足をあげておしっこをする理由が分かっていただけたでしょうか。自分の気持ちを穏やかにしたり、他の犬に縄張りや存在をアピールしたりするためだったのです。誰に教わることなく自然に行う行為には、犬の習性や個性が隠れているものです。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

心構えできてる?犬を里親制度で迎える時の注意点や育て方

ショップやブリーダーからではなく、里親となって犬を迎えるにはどこに注意したらいいのでしょう。

ペットシーツの選び方

愛犬が排泄をする時、必要となってくるペットシーツ。お店に行くと種類が豊富で迷ってしまう人も多いはず。今回はさ…

犬生理用品は高価だ…それなら紙おむつを使ってDIYしよう!

市販されている犬用生理ナプキンや紙おむつ。値段がちょっと高い…と思うのであれば、DIYするのがおすすめ。赤ち…

関連するキーワード