老犬も飼い主もストレスの少ない排泄介助方法とは?

いつかくるときに備える、排泄介助の基礎知識まとめ

愛犬がシニア期になると、排泄の介助や介護に悩む飼い主さんも少なくありません。飼い主さんにとっても、愛犬にとっても、排泄の負担を減らすことは大切なことです。愛犬の排泄介助に備え、知っておきたい基本的な知識をご紹介します。是非参考にしてみてくださいね。

決まった場所での排泄が難しい場合の介助法

決まった場所での排泄が難しくなってきたら、犬が飲む水の量や排尿の回数をまずは確認してください。これらに異常がみられた場合は、病気の可能性があります。早めに獣医を受診しましょう。異常がない場合は、脚力が衰えて排泄場所まで行くのが困難になっている可能性もあります。室内犬の場合には、日常の行動範囲を保護フェンスなどで飼い主の目が届く範囲にとどめると安心です。また、脚力が落ちているのであれば、歩きやすい環境を整えることも大切です。特に老犬にとってフローリングは歩きにくいため、ペット対応のワックスやマットなどで対応しましょう。ただし、マットを使うとそこで排泄することもあるため、洗濯できるものや老犬介護用の防水シーツがおすすめです。脚力が衰えていないのに排泄を失敗する場合には、トイレの場所が分からなくなっている可能性があります。その場合には、ペットシートに犬のおしっこを少量つけておき、嗅覚を利用してトイレの場所が分かるように介助してあげましょう。

自分で排泄をするのが難しい場合の介助法

足腰の筋肉が衰えると、排泄時に中腰になるのが難しくなり、尻餅をついたりふらついたりすることがあります。足の関節が痛む場合は、しゃがむのが難しくなり、排泄を途中で我慢するケースも見られます。このような場合には介助が必要といえるでしょう。外で排泄する習慣の犬は、室内での排泄にシフトしていく必要があります。排泄をしたがっていたら、後ろから腰を支えて、排便の際に力めるよう、後ろ足を踏ん張りやすくしてあげましょう。それでも排泄ができない場合には、圧迫やマッサージを行います。犬の種類などによって効果的なマッサ―ジや圧迫方法が異なるため、適切な方法を選択して行いましょう。マッサージする際には必ず獣医師に相談し、正しい方法を教えてもらってください。腸の働きが弱まって便秘になっている場合には、マッサージに加え、腸内環境を整える効果の期待できるサプリメントや水分補給、食物繊維の豊富な食事を取り入れてみましょう。

排泄時に肛門付近が汚れてしまう場合の介助法

下痢が続く場合は、病気の可能性があります。獣医師に相談してください。病気でなかった場合は、加齢によって消化吸収力が衰えている可能性があります。消化のいい食事に切り替えたり、1回の食事量を減らして1日の食事回数を増やしたりしてみることで、内臓の負担軽減が期待できます。
腸の粘膜は少しの刺激でもはがれやすいため、便の周りに血がついたり、下痢に血が混じったりすることがありますが、特に問題視する必要はありません。食事に整腸作用のあるサプリメントを混ぜたりして様子を見てみましょう。血の量が多かったり、食欲や元気がなかったり、毎回便の周りに血がついたりしている場合には、すぐに獣医師を受診してください。排泄後にお尻が汚れている場合は、肛門周りやしっぽの根元の毛をカットしておくと汚れがつきにくいです。ただしあまり短くカットしすぎると排泄物で皮膚がかぶれる可能性もあります。排泄後にはウェットティッシュやお尻拭きなどで皮膚を傷めないよう軽く拭き取り、汚れがひどい場合はシャワーで洗います。負担をかけないよう短時間で素早く行いましょう。

おもらしをするようになってきた場合の介助法

立ったり歩いたりすることができても、筋肉や歩行スピードが衰えたり、神経が麻痺したりすると、トイレに間に合わなくなったり、散歩の時間まで我慢できなくなったりして、おもらしをすることがあります。この場合、まずは愛犬の1日における排泄時間を把握した上で、時間を見計らってトイレに誘導します。難しい場合には、おむつを活用しても構いません。犬用おむつもしくは、Lサイズの赤ちゃん用おむつに穴をあけたものを使用しましょう。おむつを長時間着用すると、おむつかぶれや膀胱炎、皮膚疾患を引き起こす可能性があるため、気を付けてください。お尻まわりの毛をカットしておくと清潔を保ちやすいです。肛門まわりが汚れていたら、ペット用、もしくは赤ちゃん用のお尻拭きを活用しましょう。寒い季節にはウォーマータイプがおすすめです。

寝たきりになった場合の介助法

自力で立ったり歩いたりするのが難しくなったら、お尻や陰部の辺りにペットシーツを敷いて、寝床が排泄物で汚れないようにしておきましょう。オスの場合はお腹寄りに、メスの場合はお尻全体かやや後ろ寄りに敷きましょう。おむつを長時間着けていると、排泄物がこびりついてしまったり、排泄に気付きにくかったりするため、ペットシーツは衛生的な面でもおすすめです。また、コストパフォーマンスもおむつよりペットシーツの方がいい場合もあるため、TPOに応じて選ぶのが吉です。排泄の介助が終わったら、笑顔で褒めましょう。その後、汚れをきれいにして清潔を保ってください。お尻拭きや濡れタオル、脱脂綿を活用して愛犬のお尻周りもきれいにしてください。

老犬の場合、排泄がうまくいかなくても叱らないことが大切です。叱られたり、飼い主がイライラしたり、悲しい顔をしたりすると、犬は敏感に察知し、悲しい気持ちになってしまいます。また、飼い主の前で排泄してはいけないと誤解することもあるため、なるべく笑顔で排泄介助を行い、清潔を保ちましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

足を上げてオシッコをしちゃう!?トイレトレーは犬を飼う上で必要なグッズ、その選ぶポイ…

トイレトレーは犬を迎える前に揃えたいグッズ。飼う犬によってもいろいろ違うトイレトレーの選び方は?

意外と痛い!甘噛みを始めた犬にはどんなしつけと注意が適切なのか?

大切な家具が台無しになったり、いろいろ困ることの多い愛犬の甘噛み。成長過程では必ずあるものですが、甘噛みの時…

よその犬に接する時、気をつけたいマナーはあるのでしょうか

子どもを犬と遊ばせたい!犬を飼えない環境だけど犬が好きで触りたい!そんな思いを持っている人はたくさんいるでし…

関連するキーワード