犬のうれしょんが治らない!どうすれば対策できる?

本能だから治らないの?犬のうれしょん対策はどうする?

犬のうれしょんが治らず困っているという飼い主も多いのではないでしょうか。うれしょんは後片付けの手間もかかるのできちんとしつけていきたいところです。今回は犬のうれしょん対策としてできることをご紹介してきます。

本能によるもの?そもそもどうして犬はうれしょんするの?

愛犬家の方は、うれしょんを経験したことのある人も多いのではないでしょうか。そもそもなぜ犬はうれしょんをするのでしょうか。皆さんご存知の通り、犬は縦社会で生きており、周囲の人や犬を自分よりも上位・下位にランク付けしていきます。下位の立場にあるときは、上位の者に服従の姿勢をみせます。服従のサインの一つにおしっこを漏らすというものがあります。飼い主の前でおしっこを漏らすということは服従のサインであり、本能的に行っていることです。ただ、そのサインが人間の世界では伝わらず、単に飼い主の悩みの種になっているというわけです。うれしょんをしてしまうと、飼い主にとっても後始末がストレスになってしまうことがあるので、しつけをしていきたいところです。

犬の年齢や性格も関係!どんな犬がうれしょんをしやすいの?

犬のうれしょんは、特に子犬の頃に多くみられます。子犬の頃は体も小さいことから、周囲の人や犬に対して服従の姿勢を取りやすくなります。また、興奮しやすい性格の犬もうれしょんしやすいです。子犬のうちは元気いっぱいで興奮しやすいこともあり、うれしょんの頻度が増えてしまいます。興奮しやすい・服従しすぎるなどの性格的な影響が大きいためにうれしょんをしている場合には、成犬になってからもうれしょんがなかなか減らない場合もあります。犬はうれしょんを悪いことだとは思っていないので、子犬のうちなどに叱って恐怖心を与えてしまうことがないように注意しましょう。

犬のうれしょん対策⑴ 基本的には興奮させないことが鉄則

犬がうれしょんをしてしまう場面というと、飼い主が帰宅したときや朝起きたときが挙げられます。飼い主が帰ってきたり、自分に近づいてきたりするとうれしくて興奮し、その勢いでうれしょんをしてしまいます。興奮状態のときに近づくとそのままうれしょんをしてしまうので、帰宅してもすぐには愛犬に近づかないようにします。サークルの中で留守番をしている犬の場合、すぐにサークルの外には出さずに落ち着かせましょう。少し時間を置くと犬の興奮もおさまります。また、犬に近づいていくときも勢いよく近づき、静かにしゃがんで段階的に触るなどの工夫をしましょう。そうすることで一気にハイテンションになってしまうことを防ぐことができます。できるだけ興奮させないように対応することを心がけましょう。

犬のうれしょん対策⑵ コマンドによって落ち着かせる

犬が興奮状態にあるときには、「まて」や「おすわり」などのコマンド(指示)をしてあげることも有効です。犬は同時に2つのことはできないため、「まて」や「おすわり」といったコマンドが与えられていると、そちらを優先して落ち着くことができます。ただ、普段は指示を聞くことができても、ハイテンションになっているときには指示を無視して興奮してしまう場合もあります。家の中では「まて」ができても、お散歩にいくと「まて」ができないことがあるように、環境に刺激が多い場合や犬の興奮の程度によっては指示が入らないことがあります。落ち着いた状況でないときでも飼い主の指示を聞いて従えるようになるためには練習をしていく必要があります。

犬のうれしょん対策⑶ 膀胱を空っぽにさせる練習をする

犬がうれしょんをするためには、そもそも膀胱におしっこが溜まっていることが前提となります。犬は気ままに排泄している場合も、トレーニング次第では飼い主の指示によって排泄をコントロールできるようになります。盲導犬などは、ユーザーと歩いているときに突然排泄をするわけにはいかないため、コマンドが与えられるとそのタイミングで排泄することができます。興奮状態の犬に近づく前に、コマンドを与えて先に排泄を促すということも有効です。犬に排泄をするよう指示するコマンドを教えておくと、外出のときや車に乗る前などのタイミングを考慮して排泄をしておくことができるので、便利な場面は多々あります。

犬のうれしょんは飼い主を困らせてしまうことも多いですが、対処法を知ってしっかりとしつけをすることで落ち着かせることができます。興奮をおさえるためにはコマンドが効果的ですが、様々なコマンドをしつけておくと他のシーンでも役立つことがあるでしょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

ペティオ トイレのしつけができる ドッグルームサークル 2Way 【小型犬用・中型犬…

わんちゃんのおトイレのしつけにぴったりなドックルームサークル。場所に合わせて形を替えられるので、どんなお部屋…

1度食べたらやみつき、さつまいも入りスティック 200g

食べておいしいさつまいもをおやつにしました!栄養もばっちり国産で仕上げたので安心してワンちゃんも食べることが…

関連する読みモノ

散歩キライの犬もいる!?愛犬との散歩を楽しむために必要なこと(デビュー編)

意外とお散歩が苦手な犬は多いもの。天候や体調など都合もあるので必ず毎日する必要はありませんが、適度なお散歩は…

いつかはくる愛犬の排泄介助、どうすればいいの?

犬の高齢化が進むと、愛犬の介護が必要になるときがくるかもしれません。そんな時に備え、役立つ老犬の排泄介助の基…

電車もバスも幼犬の時からチャレンジ!?TPOで考えたい愛犬のしつけとは?

愛犬と楽しく出掛ける人が多い現代では、場所によって求められるしつけが変わります。TPOに合わせて必要なしつけ…

関連するキーワード