猫はアロマオイルが苦手。愛猫を中毒から守ろう

猫トイレをアロマオイルで消臭、それって大丈夫?

猫のトイレの臭い、特におしっこの臭いはかなり強烈なため、消臭剤をいろいろと試してみたいところですが、猫の健康のことを考えると、下手なものは使えません。アロマオイルは自然由来のものなので安全そうに思えますが、はたして使用しても大丈夫なものなのでしょうか?

エッセンシャルオイル・ティートゥリーは猫に危険!

猫は本来、肉食動物です。人間と暮らしていると肉以外のものを食べることもありますが、基本的に植物を栄養源とすることができません。したがって、植物由来のアロマオイルなども、体内に入るとうまく処理することができないといわれ、体内に吸収されると、中毒症状を起こしてしまう場合があるのです。
なかでもティートゥリーというエッセンシャルオイルが猫に有害であるということは、早い時期から認識されていました。しかし世間一般にはあまり広まらず、ノミやダニによく効くオイルということで、猫に対して使われることも多々あったのです。現在ではそのような状況は減ってきているとはいえ、知らないところで使われている危険性もあります。猫を飼っている人は十分な注意が必要です。

アロマオイル中毒になった猫の症状とは

アロマオイル中毒になったとき、猫にはどんな症状が出るのか?中毒症状がどのようなものか知っていれば、もし愛猫が中毒になったときにも素早く対応できるため、学んでおきましょう。
猫がティートゥリーなどアロマオイルによる中毒を起こすと、食べ物を吐いたり、食欲がなくなったりします。毛玉ではなく、食べたものを嘔吐しているようならば、アロマオイルの中毒を原因のひとつとして疑った方がよいかもしれません。
症状は猫によって異なります。急に元気がなくなったり、震えが出たり、中には昏睡状態におちいるなどといった重篤な症状を見せる場合もあるようです。飼っている猫がそのような症状を見せたならば、猫に使用している製品にアロマ成分が含まれていないか疑ってみてください。また、症状が軽くても安心はせず、早い段階で獣医に相談してみたほうがよいでしょう。

その製品は大丈夫?猫を危険から守る対策とは?

猫に悪影響があるとされているのはティートゥリーだけではありません。毒性が高いとされる成分を含むアロマオイルは、実はかなりの数にのぼります。それらをすべて把握するのは、かなり困難。効果的な対策は、アロマオイルを含む製品を、猫に対して使用しないことです。
その際に難しいのは、猫用の製品だけに注意していればよいわけではなく、人間が使用しているものにも気を配らなければいけないことです。もし、アロマオイルを使っている場合、猫が触れるような場所に、アロマオイルや使用されている製品を置かないなどの対策を講じましょう。

猫は人間や犬と違い、雑食ではありません。植物由来のものを体内に取り込むと、中毒症状を起こしてしまうおそれがあるのです。猫を危険から守るためには、おしっこの臭い消しはアロマオイルではなく、ペット用の消臭剤を使うのが安全です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

天然素材を使用! サクラの香りの猫砂 10L

猫ちゃんの体にも安心な天然の木材を使用。サクラのほのかな香りでトイレをより快適空間に。

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

関連する読みモノ

犬を飼うということはどういうこと?真剣に考えて欲しい5つのこと

ペットを飼うことはとても身近なことになり、犬を飼いたいという方も少なくないでしょう。しかし、犬を飼うにはいろ…

まるでぬいぐるみ!?赤ちゃんシベリアンハスキーが可愛すぎる♡はじめてのお風呂体験

とっても可愛いシベリアンハスキーのパピーちゃん。初めてのお風呂体験にドキドキ?ぬいぐるみのように固まってしま…

飼い主のベッドで犬と一緒に眠るメリット、デメリットについて

犬の飼い方には飼い主によってもかなり意見の分かれます。犬と同じベッドで寝ることは問題と考える人と可愛いという…

関連するキーワード