猫との快適ライフ!おしっこの臭いは、この方法で解決

トイレ以外で発見した猫のおしっこ!臭いを取る方法とは?

鼻につんとくる猫のおしっこの臭い。いつもトイレでしてくれれば問題はないのですが、時にはほかの場所で粗相をしてしまうことも。愛猫には頬がゆるみっぱなしの人も、このおしっこの臭いには顔をしかめざるを得ませんね。猫のおしっこは、どのような方法で掃除すればよいのでしょうか?

思わぬ場所で発見した猫のおしっこは掃除するしかない

タンパク質を含む猫のおしっこは、独特の強い臭いを放ちます。通常のおしっこばかりでなく、マーキングするためのスプレーも一緒に暮らす人間にとっては悩ましい行為ですね。
そのため、思わぬ場所で猫のおしっこを発見することもあるものです。衣類やカーテンなど布製品なら、タンパク質を分解する酵素系の洗剤を使用して洗濯するのが効果的ですが、簡単に動かすことのできない床や壁、畳などは掃除するしかありません。
おしっこして間もないものを見つけたら、まずはその水分を雑巾で吸い取りましょう。そして、更に中性洗剤を使って拭き取ります。消毒用のアルコールがあるなら、それを使って消毒するのも効果的です。

どうしても残る臭いに強いパワーを発揮するのは?

見つけにくい場所にされて、おしっこをした後に時間がたってしまってから見つけてしまうこともありますね。洗剤で拭き取ってもまだ臭いが気になるようなら、沸かした熱湯を使いましょう。熱湯であればどこの家庭でも手軽に用意できるので、急ぐときにも役立ちます。
アンモニアやタンパク質など臭いの原因となるものも、熱湯でかなり分解することができます。おしっこした箇所に直接熱湯をかけ、少し冷めた頃合いを見計らって水分を拭き取ってください。
しかし、家具や壁など熱湯をかけづらい場所もありますね。そんなところには、漂白剤を利用します。雑巾を水で薄めた漂白剤に浸して絞り、該当の場所を拭きましょう。ただ、熱湯も漂白剤も素材によっては変質させてしまう場合があるので、使用する場所には注意が必要です。

アルカリ性のおしっこを酸性の液で中和する方法

猫のおしっこはアルカリ性であるため、酸性のもので中和させて臭いを取るという方法もあります。手軽なのはお酢で、水と同じ分量で混ぜて使用します。家庭にクエン酸が常備してあれば、それでもかまいません。小さじ1杯程度を200mlの水で溶かして使いましょう。
これらの液体はスプレー容器に入れて使用できるので、目的の場所にまんべんなくかけることができ、でこぼこしたところや壁などに使うのも便利です。
また、人間の消臭剤としても話題となったミョウバン水も酸性であるため、同様に使えます。50gのミョウバンを1.5リットルの水で薄めて2、3日置き、それを原液として10倍に希釈した上で用います。作るのに日数がかかるため、あらかじめ用意しておくのがいいでしょう。
きつい臭いについあれこれ試したくなってしまいますが、塩素系の漂白剤を使った場合は、酸性の液体と併用しないよう注意が必要です。

どんな愛猫家でも、おしっこの臭いはちょっと困りもの。家庭にあるもので手軽に対処できる方法を知っておけば、毎回頭を痛めることもありません。しかし、猫の粗相はストレスや発情、病気がからんでいる場合もあるので、むやみにしかったりせず、あまりに続くようなら様子を観察してあげてくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

天然素材を使用したサクラの香りの猫砂 10L×5袋

桜の香りがする猫砂。また、木の成分がもつ消臭効果・抗菌作用でより快適に。10Lの大容量を5袋セットにしてお得…

天然素材を使用! サクラの香りの猫砂 10L

猫ちゃんの体にも安心な天然の木材を使用。サクラのほのかな香りでトイレをより快適空間に。

猫ちゃんも快適!猫壱 ポータブル キャリー

猫ちゃんとお出かけするときはストレスを与えないようなキャリーが欲しいですよね!そんな時猫一のポータブルキャリ…

関連する読みモノ

夏に向けて!楽しいお散歩タイムに愛犬を蚊から守る手作りグッズ

デング熱やフィラリアから守るだけでなく、犬も蚊に刺されたらかゆくなります。病気やかゆみから愛犬を守るため、お…

猫の血液型にO型はないの!?猫の血液型について

猫の血液型について知っていますか?検査する機会も少ないですが、知っておくといざという時でも安心です。猫の血液…

ハンドメイドが得意な人必見!ペットグッズをネットで売る方法

犬や猫などペット用のオリジナルグッズが人気ですね!自分で手作りして販売する人も増えています。ネットサイトやリ…

関連するキーワード