まずは犬種から「基本のサイズ」を選ぼう

まず考えたいのは、ペットシーツのサイズ。ペットシーツのパッケージにはかならず「レギュラー」や「ワイド」といったサイズの表示があります。シーツのサイズは、成犬時の2倍から3倍ぐらいの大きさのものを選ぶのが目安です。

〇 レギュラータイプ

一般的に販売されているペットシーツのなかで、一番コンパクトなタイプです。ダックスフ
ンドやトイプードル、チワワ、ポメラニアン、豆柴といった超小型犬~小型犬に向いています。

〇 ワイドタイプ

柴犬やブルドッグ、ウェルシュコーギー、ビーグルといった中型犬に向いているサイズのペットシーツです。レギュラータイプとワイドタイプの中間に、セミワイドタイプというサイズを展開しているメーカーもあります。ただし取り扱いが少ないのがデメリットです。

〇 スーパーワイドタイプ

一般的に販売されているペットシーツのなかで、一番ビッグなタイプです。ゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバー、シベリアンハスキーといった大型犬に向いています。スーパーワイドタイプとワイドタイプの中間に、ワイドプラスというサイズを展開しているメーカーもあります。

ペットシーツをはじめに選ぶときは、まず上記のように犬種(犬の大きさ)によって基準を決めます。ただし、これらはあくまで基準。飼っている犬の性格や癖、飼い主のライフスタイルなどによっても選ぶべきシーツは変わります。

愛犬がペットシーツを誤食した時どうする?気になった方はこちら!

どこを重視する?ペットシーツの機能

各メーカーからさまざまなタイプのペットシーツが販売されていますが、特色は商品によってさまざま。次は、ペットシーツに備えられた主な機能から、どんなところを重視すればいいのか考えていきましょう。

〇 吸収力強化タイプ

おしっこの水分を吸収するポリマーの量が多いタイプです。厚みがあり、ふかふかとしている商品が多く、そういった踏み心地を気に入ってくれる子もいます。

吸収力強化タイプのペットシーツを選ぶメリットは、ポリマーの量が多くおしっこを瞬時に吸収できるため、用を足してすぐにさらっとする点。用を足したあとのシーツを踏んでしまうことで、犬の足の裏におしっこがついてスタンプのように足跡がぺたぺた…なんてことも避けられますね。

また、飼い主が外で仕事をしていて、長時間シーツを交換できない場合などにも重宝します。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

持ち運び簡単!車でも安全!リッチェル キャンピングキャリー L 【犬用キャリーバッグ…

リッチェル キャンピングキャリーはキャスターやハンドルがついているので持ち運びがとても楽にできます!

歯の健康を保つ!牛ガムスティック 7本

良質コラーゲンたっぷりの国産牛皮でつくりました!PVの製品は国産で作られているので安心して愛犬に与えることが…

関連する読みモノ

マーキングしてしまう犬!小型犬トイプードルなどには、こんなしつけが重要です。<犬を飼…

住環境の変化に伴い、最近増えている室内飼い。飼いやすいため小型犬の人気は年々高まっています。小型犬ならではの…

全身麻酔をかけておこなわれる、犬の避妊手術のメリットとデメリットについて

雌犬は生理の煩わしさや子犬が増えるということから避妊手術を検討する方も多いと思います。避妊手術のメリットとデ…

トイレ、食事、留守番...みんなが知りたい室内で「犬のしつけ」まとめ

室内のしつけには、いくつかあります。例えば、トイレ、食事の仕方、様々な音に鳴らす、留守番の仕方などです。これ…

関連するキーワード