待てをしつける理由

犬は不安になると鳴くことがあります。不安にならないよう、待てをしつける必要があります。飼い主が買い物をしている間や外出している際に、待てができないと近所トラブルに繋がることもあります。どこに行っても待ては使うことになりますので、早い段階にしつけておきましょう。

お座りをしつける理由

例えばお座りがしつけられていないと、急にボールなどが飛んできた場合追いかけて行ってしまうかもしれません。そうなった場合、道路に飛び出してしまう可能性もありますよ。そうならないためにも、お座りはしつけておく必要があるのです。

伏せをしつける理由

例えば他の犬とすれ違った際に飛びかかってしまうかもしれません。急に飛びかかったら相手の犬も驚きますし、飼い主同士でのトラブルになるかもしれません。伏せの状態からいきなり飛びかかることはできません。トラブルになる前にきちんとしつけておく必要があるのです。

首輪やリードで犬の安全を守る

首輪などは拘束していてかわいそうと思う方も中にはいるかとおもいますが、拘束しているのではなく犬を危険から守るのにとても大切なことです。きちんとしつけが出来ていなければ、急に興奮して道路に飛び出してしまうかもしれません。そうならないためにも、散歩に行く際は首輪とリードを忘れずにしましょう。

抱っこのしつけ方

大きな犬とすれ違った際や、友人の家から帰宅する際など抱っこが出来ていると犬の安全を確保することができます。抱っこの合図で膝の上に乗る練習をさせましょう。そして出来たらご褒美を与えてください。少しずつ覚えていきます。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

知らなかった!?ペット飼育禁止物件で犬を飼ってはいけない理由

ペットを飼育するには、ペット飼育可能な物件であることが前提であり、常識です。ところが、中には禁止されているの…

ぽっちゃり犬にも安心!肥満対策ができるおすすめのドッグフード3選

ぽっちゃり体型の愛犬には肥満対策ができるドッグフードがおすすめ。低カロリーで栄養バランスが整ったドッグフード…

ブリーダーとペットショップ、犬を迎えるならどっちにする?

犬を迎えるには、知人から譲り受けたり譲渡会もあります。血統書つきの子犬の場合、ブリーダーとペットショップが一…

関連するキーワード