トイレのしつけ方

室内でトイレをすると匂いが気になったりするかと思います。その為、散歩途中で済ませてから帰るという方もいるのではないでしょうか。しかし、それでは犬のおしっこから電信柱が汚染され環境問題にも繋がりますし、望ましいとは言えません。トイレは早い段階でしつけ、室内または家の周りのみでしつける必要があります。慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、何度も繰り返し教えて覚えさせてください。

食事の仕方について

しつけの基本は、飼い主がよしというまで待てたらご褒美を与える、待てなければ罰を与えるというのが基本です。食事を目の前にしても「待て」と言われて待てるようにしつける必要があります。こちらも何度も繰り返し行う事で覚えていきますので、飼い主の言うことを聞けるようにしつけていきましょう。

留守番の仕方について

犬と一日中一緒にいたい気持ちもありますが、飼い主に何があるかわかりません。怪我をして入院をしたりする可能性もありますので、いざというときの為に留守番ができるようにしなくてはいけません。飼い主が視界から消えても落ち着いていられるようにしつけましょう。落ち着いて過ごせたらご褒美を与えてしつけることが大切です。留守番ができないと夜鳴きの原因にも繋がりますので、早い段階にこちらもしつけたほうがいいと思います。

様々な音に鳴らすしつけ方

散歩中には、様々な危険や音が存在しています。そんな中、車の音や人の足音などだけですぐに止まってしまってはいつか道路に飛び出したりします。そのため、毎日同じ道を散歩して多少交通量がある道で訓練したほうがいいでしょう。静かな道ばかりでは、犬も慣れません。車が来てもスムーズに散歩が出来たらその都度ご褒美を与えましょう。出来たら沢山褒めてあげてください。

ハウスのしつけ方について

犬は基本的に狭い場所を好みます。飼い主が「ハウス」と伝えれば所定の場所に行くようしつける必要があります。しかし、入らないからといって無理やりハウスの中に入れるのはやめてください。ハウスに入るのが怖いと思ってしまうと今後も入らなくなります。まずはハウスが落ち着ける場所だと犬に理解してもらえる工夫も必要ですし、根気よくしつける必要があります。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

ワンちゃんの発育を考えたわんこベビーボーロ ミルク&カルシウム入り 55g

子犬の食事は栄養を考えなくてはならないので大変ですよね!そんな時おやつでカルシウムを補給しましょう!

関連する読みモノ

愛くるしい表情にメロメロ!安定した人気のポメラニアン、飼うにはどんな注意が必要?

安定した人気の犬種、ポメラニアン。ふわふわの体毛と愛嬌のある顔がとても可愛いです。実際に飼う場合の、飼い方の…

一体何匹出てくるの!? 小さな犬小屋から出てくるバセットハウンド♪

ウッドデッキに佇むドッグハウス。中には3匹のバセットハウンドが見えます。と思いきや、3匹以上のバセットハウン…

愛犬のしつけ「ケージに入る」を教えておきましょう

まず最初に愛犬にしつけるのはトイレだと思います。そして順に色々と教えていきますが、ケージやキャリー、クレート…

関連するキーワード