犬は私たちにとって最も身近な動物です

犬は最も古い家畜化された動物であり、人と生活することによって繁栄してきました。犬は人の手によって作り出された動物群であり、その起源はオオカミと推定されています。犬は人によって世界各国に進出することができ、今では世界で最も頭数の多い食肉動物となっています。

人と犬のよりよい関係は幼少期が大切

子犬は母犬や兄弟との共存の中で試行錯誤を繰り返しながら様々なことを覚えていきます。犬が相手を捕食者や獲物でなく仲間として見なすようになるには、この子犬の時期に絆を築く必要があります。犬の社会化は生後3週間から始まり、この時期に毎日人と接することで子犬は人を恐れなくなります。生後3ヵ月までに人と接することがなかった犬は、成犬になっても人を恐れるようになります。

人はしつけを通して犬と良好な関係を築くことができる

犬はしつけを通して多くを学び、その中で人との関係を築いていきます。ごほうびは子犬が学習する上で有用であり、それはおやつに限らず触って褒めるといったことも同じくらい効果的です。また犬は人が発する音(声)についても学習します。優しい声は肯定的、怒鳴り声は否定的であることを理解するようになります。このように行動や声色を介して、私たちは犬とコミュニケーションをとることができるようになるのです。

私たちが犬を愛するように、犬は私たちを愛してくれているのでしょうか?

多くの飼い主は、自分のペットを愛しているといえます。私たちは犬のために快適な生活環境を与え、栄養価や嗜好性の高い食餌を用意し、ときに高度な治療により健康をサポートします。一方で、犬は私たちに愛情を抱いているのでしょうか?生きるための手段としてだけのために私たちのそばにいるのでしょうか?このような疑問に対して、科学的に説明することはできません。

犬が私たちに与えてくれるもの

人と犬の関係において、私たちは犬を世話する立場にあります。しかし、この関係は一方通行ではありません。犬は私たちに肉体的、精神的な安らぎを与えてくれます。犬とのふれあいは私たちを精神的に落ち着かせてくれます。過去の報告では犬をなでることで血圧が下がることが明らかになっています。また別の報告では、犬を飼っている人は飼っていない人に比べて心臓病になるリスクが低いことが明らかになっています。このことからも人と犬の関係は相補的な関係と考えることができます。

愛犬になつかれるために

犬になつかれるためには、しつけなどを通してコミュニケーションを図り、良好な関係性を築くことが大切だと考えられます。しつけ成功の近道として、私たちが一貫性をもって愛犬と接することが大切です。飼い主が愛犬とのコミュニケーションをおろそかにすると、解決が困難な問題を生む原因となるかもしれません。どのような犬においてもしつけは可能ですが、それは幼少期であればより簡単に行えます。これから新しい子犬を迎え入れようとする場合には、できるだけ早くしつけにトライすることが望ましいと考えられます。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

1度食べたらやみつき、さつまいも入りスティック 200g

食べておいしいさつまいもをおやつにしました!栄養もばっちり国産で仕上げたので安心してワンちゃんも食べることが…

選べる3サイズ! 安心日本製の炭入り消臭ペットシーツ

国産、厚型の炭入り消臭ペットシーツです。サイズはレギュラー、ワイド、スーパーワイドの3種類からお選びいただけ…

関連する読みモノ

夏到来!犬と楽しく水遊びをするために注意することについて

暑い夏は、犬と一緒に川や湖など、水辺へ出かける機会も多くなります。犬と楽しく水遊びをする時のマナーと気をつけ…

ペットのうんちはトイレに流しちゃいけない?その理由を3つご説明

ペットの排泄物をトイレに流してはいけない…とよく聞きますが、それはなぜだかご存知でしょうか?今回はその理由に…

犬にも必要⁈社会性を身につけたいなら子犬時代が肝心なんです!

まだあまり外の世界を知らない子犬は、少しづつ外の世界に慣らし社会性を身に付けさせる必要があります。

関連するキーワード