新しい家族として犬を迎えたけれど、いざしつけをするとなるとどのくらい怒鳴ったりするべきなのか、何をしてはいけないのかなど迷ってしまいます。ここでは、犬を飼うにあたって、ついやってしまうけれど、やってはいけないことをご紹介します。犬との信頼関係がうまく築けますように。

やってしまいがちなNG行動その1:叩く

「たとえばなかなかトイレの場所を覚えてくれないとき。「ここはダメ!」とつい手が出てしまうことありませんか。飼い主さんが体罰を与えてしまうと、犬は意味が分からず信頼感が損なわれてしまうことも。悪いことをしたら、その場で「ダメ!」「ノー!」などの短い言葉ですかさず叱りましょう。

やってしまいがちなNG行動その2:名前を呼んで怒る

「太郎!だめ!」ついつい、こんな風に、ワンちゃんの名前を呼んでから、怒ってしまう場合がありますが、これは、してはいけないNGポイントです。この場合、ワンちゃんにとって「名前を呼ばれること」=「怒られる」という方程式が成り立ってしまいます。名前を呼んでもワンちゃんが振り向かなかったら、この方程式が成り立っているかもしれません。

やってしまいがちなNG行動その3:ついつい理由を説明してしまう

「ここでおしっこしちゃだめって言ったでしょう?わかった?つぎからダメよ」と、ついつい理由をつけて長々とお説教してしまうのもNG。つい人間と同じように接してしまいがちですが、犬には人間の言葉で言っても伝わりません。必ず「ダメ!」「ノー!」など、いつも同じ言葉で短く、その場で叱りましょう。

やってしまいがちなNG行動その4:叱らずに許してしまう

留守中にワンちゃんがいたずらしていた場合、今さら怒っても仕方がない、私が片付ければいいんだから…とついつい、許して問題を放置してしまう。これでは、問題行動が続いてしまうばかりか、飼い主さんのストレスが溜まってしまいます。置き方や収納方法を工夫して、物理的な対策をとることも重要です。

まとめ

言葉が通じない犬との生活では、時に飼い主さんがストレスを抱えてしまうことも。困ってしまったら、かかりつけの獣医さんや、専門家に早めに相談をしてみるのもいいかもしれません。困ったことも、ワンちゃんと飼い主さんとで一緒に乗り越えれば、それもまた素敵な思い出になることでしょう!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

本能とは言え困りもの…犬のうれしょんは対策できる?

犬のうれしょんが治らず、何か対策をしたいと考えている飼い主の方へ、おすすめの対処法をご紹介していきます。アイ…

これは驚き!!江戸時代には犬も自由にお伊勢参りができたってホント?

江戸時代、将軍徳川綱吉によって施行された「生類憐れみの令」は広く知られています。なんと当時の犬は自由に伊勢参…

愛しいペットとの別れ、飼い主が最期に出来ることとは?

いつの日か必ず来る、大切なペットとの別れ。その時が来たら感謝の気持ちを込めて、しっかり見送ってあげたいもので…

関連するキーワード