新しい家族として犬を迎えたけれど、いざしつけをするとなるとどのくらい怒鳴ったりするべきなのか、何をしてはいけないのかなど迷ってしまいます。ここでは、犬を飼うにあたって、ついやってしまうけれど、やってはいけないことをご紹介します。犬との信頼関係がうまく築けますように。

やってしまいがちなNG行動その1:叩く

「たとえばなかなかトイレの場所を覚えてくれないとき。「ここはダメ!」とつい手が出てしまうことありませんか。飼い主さんが体罰を与えてしまうと、犬は意味が分からず信頼感が損なわれてしまうことも。悪いことをしたら、その場で「ダメ!」「ノー!」などの短い言葉ですかさず叱りましょう。

やってしまいがちなNG行動その2:名前を呼んで怒る

「太郎!だめ!」ついつい、こんな風に、ワンちゃんの名前を呼んでから、怒ってしまう場合がありますが、これは、してはいけないNGポイントです。この場合、ワンちゃんにとって「名前を呼ばれること」=「怒られる」という方程式が成り立ってしまいます。名前を呼んでもワンちゃんが振り向かなかったら、この方程式が成り立っているかもしれません。

やってしまいがちなNG行動その3:ついつい理由を説明してしまう

「ここでおしっこしちゃだめって言ったでしょう?わかった?つぎからダメよ」と、ついつい理由をつけて長々とお説教してしまうのもNG。つい人間と同じように接してしまいがちですが、犬には人間の言葉で言っても伝わりません。必ず「ダメ!」「ノー!」など、いつも同じ言葉で短く、その場で叱りましょう。

やってしまいがちなNG行動その4:叱らずに許してしまう

留守中にワンちゃんがいたずらしていた場合、今さら怒っても仕方がない、私が片付ければいいんだから…とついつい、許して問題を放置してしまう。これでは、問題行動が続いてしまうばかりか、飼い主さんのストレスが溜まってしまいます。置き方や収納方法を工夫して、物理的な対策をとることも重要です。

まとめ

言葉が通じない犬との生活では、時に飼い主さんがストレスを抱えてしまうことも。困ってしまったら、かかりつけの獣医さんや、専門家に早めに相談をしてみるのもいいかもしれません。困ったことも、ワンちゃんと飼い主さんとで一緒に乗り越えれば、それもまた素敵な思い出になることでしょう!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

一度食べたらやみつき! 国産 PV ササミチップス 12枚入

国産のおいしいササミをチップスにしました!

におわないペットシーツ処理機本体+専用カセット4個付きスペシャルセット

気になるペットシーツの処理に。 ペットシーツ処理器『デオポット』 本体と専用カセット4個ついたお得なセットで…

関連する読みモノ

とっても簡単!?犬のしつけに言葉よりも「クリッカー」が断然優れている訳

犬にしつけをする時、一般的には言葉で犬にその行動をとらせます。同じしつけでもクリッカーを使えば、もっと簡単に…

夏バテしやすい犬がいる?あなたの愛犬、大丈夫ですか?

犬は暑さが苦手で夏バテしやすい動物です。夏バテしやすいタイプの犬と、そうでないタイプの犬がいます。愛犬がどの…

お留守番中の犬は何をする?衝撃の結果は・・・!

お留守番を任された犬。飼い主が外出中になったら、一体お部屋で何を始めだすのでしょうか。飼い主さんのいないすき…

関連するキーワード