またやられた!困った癖、猫の噛み癖を直したい

遊んでいる途中や撫でている途中で、突然カプッ!とされる噛み癖は本当に困ってしまいますよね。生傷の絶えない方へさまざまな方法の中から著者の猫で実践して、最も効果を感じられた”噛み癖を直すしつけ法”をご紹介します。

そもそもなぜ噛むの?

猫が噛む理由はいくつかあり、子猫は人間の赤ちゃんと同じく歯の生え始めという場合があります。成猫なら狩猟本能が刺激された時や、一番弱い部分を触られたことによる防衛本能によって、咄嗟に噛んでしまうことが考えられます。一方老猫の場合は病気が原因で興奮しやすくなり噛んでしまうということもあるそうです。

噛む”原因”が飼い主側にある場合も!

手や指、毛布の中の足などを使って愛猫と遊んでいたことはありませんか?飼い主の行動によって噛み癖をつけてしまったという場合も少なくありません。遊ぶ時は必ずおもちゃを使うようにしましょう。また甘噛みされた時に高い声を出して引き離してしまうと、余計に興奮してより噛む力を強めてしまうことがあるので気をつけましょう。

噛み癖が出たら、まずはどうする?

手や足にカプッ!とやられたら、まず愛猫の目を見て、低い声で”痛い””ダメだよ”など注意します。その時噛まれた部分を離そうとすばやく引っ込めると、余計に強く噛む場合がありますので、落ち着いて噛まれている部分をぐっと口に押し付けるようにすると噛むのを止めてくれます。そして首の後ろをつかみます。

一番効果があったしつけ方法

しつけ方法で共通しているのは”噛んだら嫌なことがある”とわからせること。我が家で一番効果があったのは、ちょっとかわいそうですが、”首の後ろをつかんで鼻にデコピンをする””口を開けて指を少し奥まで入れ、猫にオエッとさせる”方法です。口に指を入れる方法は、口内を傷付けないようにだけ注意してください。

しつけは根気

噛んでしまうと嫌なことがあるとわかってもらうには、一度や二度ではなく何度も繰り返ししつけることが重要です。効果が感じられるには時間がかかりますが、噛み癖が出る度にしっかりとわからせてあげることで、徐々に噛む頻度が下がってきます。しつけには飼い主の根気が必要です。
いかがでしたか?しつけ方法にはいろいろありますが、”嫌なことがある”とハッキリわかってもらえる方法が一番効果を感じられました。噛み癖がなかなか直らずに困っていたら、ぜひ一度試してみてくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

触れても、口の中に入っても安全!プリジア スプレータイプの消臭剤 400ml

ブリジアはスプレータイプの除菌・消臭剤です。空気中に噴霧しても人やペットに触れても問題ありません。

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

関連する読みモノ

初めて犬を飼う飼い主さんが、ついやってしまう、やってはいけないしつけの行動

犬にしつけをするのは飼い主の大切な役割ですが、しかり方を間違えてしまうと、信頼が築けず逆効果になってしまうこ…

お刺身あげちゃいけないの!?猫に絶対与えてはいけない、赤血球を破壊するあの食べ物

食欲が旺盛な猫には人の食べているものを欲しがる猫もいます。かわいいからとついあげてしまいがちですが、中には危…

ぽっちゃり猫と呼ばないで!簡単おすすめダイエット~食事編~

愛猫が肥満かもと思ったら、ダイエットが必要です。まずは食事の見直しが必要ですが、継続していくのはかなり大変で…

関連するキーワード