ペット可の賃貸のおうちにお住まいでも、「猫の爪とぎ」は気になります。柱や床、壁が爪とぎ場所になってしまったら大変です。持ち家の場合でも、ソファやじゅうたん、カーテンやベッドなどが猫の爪とぎ場所に選ばれて、大切な家具がぼろぼろにならないうちにしっかりしつけましょう!

ルール1:猫はいつも決まった場所で爪をとぐ

猫はいつも決まった場所で爪をとぎます。逆に言えば、一度爪とぎ場所を覚えれば「どこででも爪をとぐ」ということはないのです。ペットショップ等で「猫の大好きなマタタビのにおいがついた市販の爪とぎ板」を購入し、それを猫の使いやすいように設置すればOK。これでほとんどの猫が爪とぎ場所を覚えます。

ルール2:爪をとがれたくない場所を徹底ガード

爪とぎされたくない場所が爪とぎ場所にされてしまった場合には、なるべく早く「爪がとげないように」邪魔をしましょう。厚手のビニールシートやベニヤ板でその場所を覆ったり、張り付けたり。その上で、市販の爪とぎ板をその近くに置きます。一度覚えてしまえば、猫は毎回爪とぎ板を使うようになります。

ルール3:簡単、麻ロープをぐるぐる!家具を守れて一石二鳥!

市販のものを使ってくれないという場合は、手作りの爪とぎはいかがでしょう。猫が爪とぎをしやすい位置のダイニングテーブルの机や椅子の足などに麻のロープをぐるぐる巻いただけ、これが意外と猫が気に入る場合があります。家具を守ることも出来ます。

ルール4:爪とぎ場所を間違えても怒らない。正しい場所のとき褒める。

すべてのしつけに共通することですが、猫は怒鳴られるのを非常に嫌がります。「こら!ミケ!」など名前を呼んでしかるのも逆効果で、続けていると、「名前を呼ばれる=怒られる」と認識してしまい、呼んでも来なくなったり返事をしなくなったりします。正しい場所の時に褒める、が重要です。

まとめ

「ペット可」の物件でも、犬はOK,猫はNG,という物件があります。大家さんが猫の爪とぎを警戒してのことです。しかし、猫は一度覚えてしまえば、同じところで爪をとぎます。ここでご紹介した方法で、猫の爪とぎ場所がうまく決まらなかった場合でも、あきらめず、猫が正しい場所を覚えるまで根気よく頑張ってみてくださいね。最後までお読みくださいましてありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫ちゃんも快適!猫壱 ポータブル キャリー

猫ちゃんとお出かけするときはストレスを与えないようなキャリーが欲しいですよね!そんな時猫一のポータブルキャリ…

ペティオ トイレのしつけができる ドッグルームサークル 2Way 【小型犬用・中型犬…

わんちゃんのおトイレのしつけにぴったりなドックルームサークル。場所に合わせて形を替えられるので、どんなお部屋…

関連する読みモノ

猫の嘔吐の原因になりやすい毛球症(ヘアボール)、どうしたら減らせるの?

猫の毛球症、ご存知ですか?「体内にある抜け毛でできた毛玉」のことで、別名ヘアボールとも言います。猫が吐いてし…

猫を飼いたい、どこで出会う?里親募集、ペットショップ?

猫を飼いたい!と決めたらどこで運命の猫と出会いましょうか。里親募集に応募?ペットショップ?家族を迎えるにあた…

種類が多くて迷っちゃう!猫の餌皿を選ぶポイントとお手入れのコツ

大きさやデザインもいろいろ、値段もピンキリで選ぶのが大変な猫の餌皿。そこで猫の餌皿をを選ぶときのポイントと長…

関連するキーワード